人狼反省回・予言者は一日目に名乗り出る?
人狼ゲームでの反省点を記録しておきます。

基本ルール


13人村

16072913人村



人狼3 
狂人1
予者1
霊媒師1
狩人1

村人は、13人の中に潜む3人の人狼を見つけて処刑すれば勝ち
人狼は、夜に村人を1人ずつ殺し、人狼の数と同数になれば勝ち

1日には、昼のターンと夜のターンがある。
昼のターンでは、村人で議論をし、人狼と疑わしい人を見つけ1日1人を処刑する。
村人は人狼を処刑したい。人狼は隠れて、村人を処刑させたい。

夜のターンでは、人狼が村人を1人殺せる。
予言者は、誰か1人を占い、その人が狼かどうか知ることができる。
霊媒師は、昼に処刑した人が、狼だったのか知ることができる。
狩人は、狼に狙われそうな人を1人だけ守ることができる。狩人が守った人を狼が襲った場合、夜は誰も殺されない(グッジョブという)。

狩人は、2日続けて同じ人を守れない。
予言者は、初日の時点で、誰か1人だけ確実に人間の人を知らされている。


課題



この基本ルールで、自分が予言者だった場合、初日に「自分が予言者である」と名乗り出た方が良いかどうかの問題です。
名乗り出ることをカミングアウトと呼んだりします。

人狼初心者の私は、霊媒師とか狩人のカードは引いたことがないのですが、けっこう予言者を引く。
そこで、いつも初日に名乗り出るか悩みます。

最近のゲームで、初日に名乗り出てみたところ、続いて狼1,狂人1が予言者を騙ってきました。

160729騙り2



あぶり出しに成功したものの、初日の夜に人狼に殺されてしまい、場に情報をあまり残せませんでした。
この場合、騙った狼・狂人も疑われます(夜に処刑されるということは、本物っぽく見られるから)が、結果、狼チームの勝ち。
狩人に守ってもらえなかったのは、私が本物と信用されていなかったからということになります。


初日に名乗り出るデメリット



初日は、人間を1人知っているだけなので、持っている情報が少ない。

160729預言の情報2



予言者と名乗り出ることで、早々と、夜に狼に襲われるリスクがある。=1日目の夜に狩人が守ってくれたとしても、2日目の夜に殺される=最初に知っていた人間1人と、1日目の夜に占った人の結果しか情報を出せない。

初日に名乗り出るメリット



人狼や、狂人が「自分が予言者だ」と騙ることが多い。
自分に釣られて、名乗り出てくれれば、人狼や狂人があぶり出せる。


初日に潜伏するデメリット



初日には、予言者と名乗り出ず、情報をもっと得てから名乗り出ようと潜伏したにもかかわらず、夜のターンで狼に殺されてしまうと、村人は情報がもらえず、予言者が誰だったかも分からない。
最悪の場合には、あとから狼や狂人が「自分が予言者だ」と騙り、偽情報に踊らされるリスクがある。


160729初日死亡2




初日に潜伏するメリット



偽物が出現せず、自分も殺されなければ、得られる情報が多くなる。




私個人の少ない経験からは、予言者になった場合、潜伏してある程度の情報を得てから名乗り出た方が、勝てる確率が高いです。
ただ、初日から名乗り出た方が、ゲームとしては盛り上がります。

場に何も情報が出ないと、適当な理由で処刑者が選ばれることが多いです。
何人も予言者が出てくると、論理的な理由で処刑者が選ばれることが多くなります。推理ゲームになってきます。

まとめ



初日に名乗り出るかどうかのポイントとしては、このあたりでしょうか。

・昼の議論中に、疑われそうなら、名乗り出る(昼に処刑されるよりマシ)
・昼の議論中に、自分が人間だと知っている人が疑われそうなら、名乗り出る(人間を見殺しにはできない)
潜伏するなら、昼の議論中に能力者っぽい言動は避ける(夜、狙われてしまう)
名乗り出るなら、狩人に信頼してもらうことが必要


ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter


関連記事
2016/07/29(Fri) | 人狼反省回・初級 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/783-a3c836c6
前のページ ホームに戻る  次のページ