支部サイトにコラムが掲載
弁護士石井琢磨です。

弁護士会県西支部のウェブサイトに、コラムが掲載されました。


sibu.jpg


人狼に関するコラムです。

なぜ、リンクを貼らずに、画像を貼っているのかというと・・・


コラムの個別URLがないから。


なに、それ。

どうやって、宣伝するの!?

アクセス解析とかどうすんのよ。



支部のサイトを作るという予算案が出たときも賛成せず、作成にも関わっていないので、私の責任ではありません。
コラムが気になる人は、適当に検索して探してみてください。



ちなみに、この支部のサイトは、各事務所サイトへのリンクも禁止されているルールだそうです。

コラムの記事内に、私のツイッターアカウントを載せてみたら、
委員会でも議論され、
副支部長からツイッターアカウントを削除して欲しいとの要請があり、
最後には、元支部長から郵便で削除依頼が届くという事態になりました。


ウェブって、色々とリンクしあってネットワークを作っていくのが本質だと思うのですが、どうしてもそれを断ち切りたいらしい。

だからこそ、個別URLとか設定してないのでしょう。


もともと、事務所サイトへのリンクを認めない趣旨は、
「立派なホームページを持っている裕福な法律事務所とそうでない事務所との間で不公平が生じる」
という点のようですが、無料で登録できるツイッターアカウントもダメとのことでした。

この趣旨自体、何時代の論理だよ、とツッコミを入れたくなり、
もう「ツイッター消された。県西支部死ね」とか今さら感満載のタイトルでブログを書きかけましたが、ふと冷静になって気づきました。


このネットワーク社会で、リンクを断つサイトって、何時代だよ。


江戸時代だ。


鎖国ですね、これ。


外国と国民との接触を避け、文化を維持する。
県西支部は、鎖国政策を採っていたのです。


しばらく支部の集まりに行っていないと、このような鎖国政策が採られていることにも気づかず、もうジョン万次郎の気分ですよ。

政策を理解せず、関係者の時間を奪ってしまって、申し訳なく思っております。

鎖国政策については批判もありますが、肯定的な意見もありますね。


学校の授業で、「鎖国」によって日本人の海外発展の道は閉ざされ、産業や文化の近代化が遅れた、と教えられた人は多いと思う。しかし、はたして本当にそうなのだろうか。

もし別の選択をしたら、江戸時代がはたして二百数十年続いたかどうか分からない。
(『学校では習わない江戸時代』(山本 博文著)178頁より)



学校では習わない江戸時代 (新潮文庫)
学校では習わない江戸時代 (新潮文庫)山本 博文

新潮社 2007-01-30
売り上げランキング : 61838


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ひょっとして、日本全国の弁護士会がAIとかウイルスとかにやられて壊滅状態になったときでも、県西支部だけは生き残っているかもしれません。

私の狭い意見を前提に、安易に「死ね」とかブログに書かなくて良かったです。

やっぱり、感情的になりそうなときは、行動まで少し待ってみることが大事です。


ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

関連記事
2016/07/08(Fri) | 弁護士日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/782-fd5d6c50
前のページ ホームに戻る  次のページ