TSUTAYA図書館・海老名と読書
弁護士石井琢磨です。

海老名のTSUTAYA図書館に好意的な記事をサクッと書いたら、いつもよりアクセスされていて驚きました。

※「TSUTAYA図書館・海老名の効果」
http://sagamigawa.blog73.fc2.com/blog-entry-772.html

なかには、事務所のサイトまでアクセスしてくれたり、プロフィールを読み込んで批判してくれる方もいたようです。
興味持ってくれてありがとう、せっかくなので、本も買ってくれ。

めんどうな人を サラリとかわし テキトーにつき合う 55の方法




私は、みなさんほどTSUTAYA図書館に愛はないです。
海老名市に税金も納めていませんし、
TSUTAYAが利益を上げようが、ビッグデータを得ようが、どうでもいいです。

プラスだと思ったのは、「人」と「本」の接点が増える点です。

出版業界の売上は下がってます。
リアル書店の数も減っています。

「本」というコンテンツが減っていく傾向にあります。


これをもったいないと感じます。

なぜなら、「本」というコンテンツは、費用対効果、時間帯効果ともそこそこに高いから。

それなのに減っているのは、ネットとスマホの影響でしょう。
ネットにコンテンツはバラバラと溢れて、スマホでいつでもそこにアクセスできる。
あえて「本」に行かないですよね。


「本を読まない人」が「本を手にとる」までのハードルが今まで以上に高くなっているんですよ。

で、「本を読まない人」が、いきなり本屋に行って本を買いまくるか、というとですね、買わないんです。

これ、私の実体験です。
私は、20代後半まで本なんてほとんど読んでいませんでした。
専門書を別にすれば、数えるほどです。
30代で、年に数百冊読むようになりました。

あるブログを読んでいて、「ビジネス書を読んでみよう」と思い立ったのです。

ところが、「本屋で本を買う」という発想にならなかったのです。
本屋でマンガは買っていたけど、ビジネス書を買うという発想がなかった。

じゃあ、どこで本を手に取ったかというと、そう、最初は図書館だったんです。

私は受験時代に予備校に行っていなかったので、主な勉強場所が図書館でした。

「あそこで借りれば、タダでいいな」と思って、数冊ずつ借りたのが始まりでした。

でも、図書館って、欲しい本をすぐに読めるわけじゃないですね。
待たないといけない。
だんだんこれに耐えられなくなって、買うようになったのです。
どっかの本に「本は買った方がためになる」と書かれていたのも影響してます。

そして、最近では、年間100万円以上、書籍代で使ってます。


実体験から、「本を読まない人」が「本を買う」に移行する際の一つのクッションとして図書館は有効だと思うのです。


藤原和博さんの『本を読む人だけが手にするもの』という本を読みました。

本を読む人だけが手にするもの
本を読む人だけが手にするもの藤原 和博

日本実業出版社 2015-09-30
売り上げランキング : 184


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




偶然、武雄市のTSUTAYA図書館の話も少しだけ出ていました。

藤原さんも、高校生まで本を読んでいなかったそうなのです。
大学入試の国語で苦労した話もされています。
ところが、その後、本のまとめ買いもするようになり、年に100冊以上も読み、雑誌に書評も載ったりしています。

あるきっかけがあって、本を読もうという気になったそうなのですが、その際の行動が書かれています。


「図書館に行って、限度いっぱいに借りられるだけ借りてくる。それを机の上に積んでおいて、片っ端から読んでいく。」(111ページ)



やっぱり図書館なんですよ。



図書館で本を読む人の一定数は、数百冊単位で本を買う人に移行する。
そうだとすると、「本を読まない人」を「図書館で本を読む人」に移行させれば、いずれそこから数百冊単位で本を買う人が出てくるはずなのです。

図書館に行くハードルを下げることで、「人」と「本」の接点が増えれば、いずれ本というコンテンツにお金を払ってくれる人が増えると思うのです。そうすると、本も質を維持できる。

私が「本を読もう」と思い立ったとき、最初に図書館を選んだのは、受験勉強をしていた場所、ということもあるのですが、小学校の夏休みにけっこう行っていたことも理由にあります。
なぜ、行ったのかというと、涼しいから
我が家にはエアコンがなかったのですが、図書館にはある。

この話を裕福な同級生にしたら「マジメだな-」と言われました。
私が読んでいたのは手塚治虫などのマンガばっかりだったのですが、エアコンが家にある同級生には
「図書館=マジメ→自分と無関係」という式があったのです。

図書館に行くハードルが高いわけです。


家族が読書家で家に大量の本がある。
親が「人生に役立つ100冊の本」をプレゼントしてくれる。
家が本屋だ。
なんて環境でもないと、自然に本に触れる機会は少ないです。

そんなときに、図書館のハードルが低ければ、いずれ本を買う人が増える(or減るスピードが落ちる)のではないでしょうか。


『答えはすべて本に書いてある』
答えはすべて本に書いてある


というように、たいていの人の悩みの解決方法は、どこかの本に書かれていると思います。

私も、本を読んでなかったら、たぶん潰れてましたね。

本というコンテンツは人類を救う力を持っていると思うんですよ。

人の悩みと、その解決方法がバラバラに散らばっていて、うまく出会えない。
これ、もったいないじゃないですか。

というのが、TSUTAYA図書館が出版業界にプラスなんじゃないか、という理由です。

ですので、別にTSUTAYA図書館じゃなくても、
GoogleとYahoo!とFacebookとLINEとAmazonと銀行、カード会社が組んで、マイナンバーを含む全データを共有して、
「あなたの悩みには、この1冊」なんてオススメしてくれるサービスが始まれば、それでも良いと思うのです。



ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter


関連記事
2015/10/26(Mon) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/774-42427766
前のページ ホームに戻る  次のページ