TSUTAYA図書館・海老名の効果
弁護士石井琢磨です。

話題のTSUTAYA図書館・海老名に行ってきました。
https://ebina.city-library.jp/library/

商工会議所の近くなので、会議所内でやっている海老名の法律相談センターに行ったついでに寄ろうと思っていたら、年度内に予定がなかった(相談センターは、希望出しても、さっぱり担当になりませんねー)ので、海老名市役所の相談後に行ってみました。

駅からすると、図書館と市役所は全く逆方面なので、ついでって感じじゃなかったのですが、気にるので見て来ました。

ネット上では、「選書が悪い」とか「置き場所が悪い」とか叩かれていますが、空間は良かったですよ。
開放感があるつくりで、木の匂いがして、公共施設っぽくない照明。

何となく楽しくなる空間なのですね。
代官山の蔦谷書店に近い空気です。

海老名図書館



1階にスタバと書店が入っていて、館内の検索機には、「借りる」か「買う」という選択肢が出てきます。

1階のビジネス書コーナーを見ると、図書館の本の、すぐ近くの棚に、書店のコーナー。
新刊と並べると、図書館の蔵書は古びて見えます。


今までの図書館好きな人からは、本が探しにくくなって不便になったのかもしれません。
1階では、物販もされていて、売り物なのか蔵書なのか、乱雑な感覚になります。

でも、ここで調べ物したりすると、アイデアがどんどん出てきそう。
明らかに右脳が刺激されます。

そういう空間なので、今まで来なかった人が新しく来る図書館になりそうです。

たぶん、この施設は、
今まで本を手に取らなかった人 → 本を手に取る
この間にあるハードルを下げる効果があると思います。

さらに、すぐそくに売り物の本が並列されている仕組みによって
本を借りる → 本を買う
というハードルも下げていると思います。

つまり、本を買う人を増やしそう。

きっと出版業界にプラスに働くでしょう。


ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter



関連記事
2015/10/24(Sat) | 弁護士日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/772-af89d287
前のページ ホームに戻る  次のページ