AV出演を断ったら違約金を請求された問題
弁護士石井琢磨です。

先週、AV違約金問題が話題になっていました。

女性が芸能プロダクション等と契約
→AV出演を求められ、断る
→プロダクションから女性に対し違約金請求

この請求が裁判まで発展していたところ、9月上旬に東京地裁が請求を棄却。その判決が確定したということで、記者会見が開かれ報道されていました。

AV違約金



この問題は、私が弁護士になったばかりの十何年前にも同期の弁護士との間で話題になっていました。

一応、契約上は、違約金請求が認められそう。
契約を無効にできる事情まではない。
などの建前論を話し合った後、
「でもさー、裁判になったときに、裁判官が『AVに出ろ』って判決を書くとは思えないよね」
という常識論で、当時は、酒と共に飲まれていってしまったのですが、
常識論の判決が出たようで良かったです。


今回の判決文は見当たらなかったのですが、女性の代理人弁護士の記事によれば、
判決では、
プロダクションと女性との間で結ばれた営業委託契約を雇用類似の契約と認定
そのうえで、雇用契約を解除する「やむを得ない事由」(民法628条)を認めたとのことです。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/itokazuko/20151001-00049989/

AVは、出演者である被告の意に反してこれに従事させることが許されない性質のものなのに、これを強制されるのでは「やむを得ない事由」があるとされたわけですね。

代理人弁護士の記事では、意思に反していることを証拠化しておくのが大事とされています。
まさにそうですね。
メールやLINEなどで形に残しておくべきだと考えます。

a1180_016217.jpg



この件の報道では、悪質商法の勧誘と同じ手口が紹介されていました。

たとえば、こんな感じ。

女子高生や大学生が繁華街で、「芸能事務所のスカウト」や「テレビ番組の出演」を理由に勧誘され、断り切れずに事務所や 車の中に連れて来られる。
「年齢確認のため」という理由で、学生証や免許証などのコピーを取られる。
その後、複数の男に囲まれるなどして、服を脱いで写真を撮影される。
身分証明書とともに写真を公表すると言われ、契約書へサインさせられる。
契約書にサインをしてしまうと、それを理由に、アダルトビデオへの出演を求められる。
撮影が終わると、女性側は数千円の謝礼を受け取らされたり、領収書にサインさせられたりする。「合意のうえでの撮影だった」と主張するための証拠として使われる。

少しずつ外堀を埋めて断れない状況に追い込んでいく手口は悪質商法そのもの。
悪質商法なら、被害の大部分は、まあお金なわけですが、今回のケースではお金では取り返せない性質のものですからね。
気をつけないといけません。


一方で、このような、「AV業界けしからん」というムードには、業者側からの反論もあります。

『AVビジネスの衝撃』という本では、上記裁判の代理人弁護士の過去記事に対して、反論がされています。

「スカウトではなく、求人サイトで自分の意志でプロダクションに応募できるようになって、現在は自らAV女優になりたいという女性が激増している。人権派の弁護士事務所に駆け込むような"意に反して出演し続ける”女性をプロダクションは所属させる必要はないし、女優に前向きに働いてほしいAVメーカーはキャスティングしない。わざわざ、このような危なっかしい女性を使う必要性がないのだ。」

AVビジネスの衝撃 (小学館新書)
AVビジネスの衝撃 (小学館新書)中村 淳彦

小学館 2015-07-31
売り上げランキング : 3191


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




この本の中では、10年以上前には悪質な勧誘が横行していたことも指摘されていますが、今は需給バランスが変わったと主張されています。


ただ、悪質な勧誘手法の一般的な傾向としては、流行していた手口が急に消えることは少ないです。
減ったとしても、ゼロにはなりにくい。
まして、この本の中では、AV業界は経営が厳しいことが繰り返し書かれています。


おそらく、以前は、ものすごい数の被害が遭った。
それが減っては来ている。
ただ、ゼロではなく、被害者がいて、被害団体にもアクセスできるようになり、救済者が増えている。
という話なのではないでしょうか。


プロダクション側も意に反する女性を所属させる必要性はないということですので、誤解されぬよう多額の違約金条項なんかは契約書から削除しておくとよろしいかと思います。


ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

関連記事
2015/10/09(Fri) | news | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コメント
----

宮本智弁護士がこの会社の代理人です。

かなりの悪党ですね。

by: 恵瓊 * 2016/01/24 21:54 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/771-467ae0fb
前のページ ホームに戻る  次のページ