肉ホルモンフェス~ATSUGI 2015秋~も、やっぱり高かった
弁護士石井琢磨です。

地元の厚木で肉フェスをやっていたので、覗いてきました。

厚木のB級グルメ・シロコロも売っているということで、肉ホルモンフェス~ATSUGI 2015秋~というタイトルらしいです。

https://nikufes.jp/contents/new_event/atsugi
9月27日までやっているそう。

都内でやっている肉フェスの一部の店舗が来ているみたいですね。

肉フェスと言えば、高い、コストパフォーマンスが悪い、という声をよく聞いていました。

B級グルメとかで集客している厚木での開催では、この点が変わるのでしょうか。

しかし、基本的なシステムは、都内の肉フェスと同じでした。

・現金は使えず、電子マネーか、入口で食券を買う。
・食券は1枚700円。
・それゆえに、商品の値段は、700円単位(700円or1400円)。

ステーキとかカツのようなしっかりした料理は1400円。

肉ホルモンフェス~ATSUGI 2015秋



肉ホルモンフェス~ATSUGI 2015秋



まあ、美味しいことは美味しいですけど、微妙な量です。
1400円払うなら、もっと良いものが食べられる店はたくさんあるのではないでしょうか。

俺のイタリアンとか、厚木のかん助の「イベリコ豚とフォアグラの和風グリル」 あたりのコストパフォーマンスに慣れてしまっているので、やっぱりこんな感想。
http://r.gnavi.co.jp/a793800/menu3/


ちなみに、シロコロは700円。

わー、安く感じる。

700円だと安く感じる人は多いようで、シロコロとか餃子とか、マンゴーかき氷に行列ができていました。

肉ホルモンフェス~ATSUGI 2015秋


肉ホルモンフェス~ATSUGI 2015秋



でも、よく考えてみよう。
シロコロて、B-1グランプリではいくらで売ってたっけ?

この餃子、1個あたり、いくらだよ?

一瞬でも、安く感じるのは、間違いなく1400円との比較があるからですね。

1400円がアンカリングとして効いています。

アンカリングについては、こちらの本で紹介しております。
プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法
プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法


こちらの本も定価は1400円(税別)であります。


これから行く人は、アンカリングを意識して、お祭り代も込みってことで楽しむのが良いのではないでしょうか。

ちなみに、祝日の昼時に行きましたが、4店舗で合計1時間も待たない混み具合でした。
開催期間も長いですしね。これくらいの集客で大丈夫なんですかね。

IMG_6007.jpg



唯一、感動したポイントは、電子マネーが使えること。
こういうお祭りで、使えるのはうれしいですね。

ただ、肉フェスでは、お店の人が、機械を操作する時間より、食券を扱う方がスピードが速く(700円券1枚か2枚を受け取るだけですので)、電子マネーがかえって行列を長くする、という何だか残念な結果になっているのが、象徴的でした。

肉ホルモンフェス2016は色んな課題を克服してくれると期待しています!


関連記事
2015/09/23(Wed) | 厚木の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/769-b221497d
前のページ ホームに戻る  次のページ