不倫SNSで責められ、自殺を考えている人向けの対策
弁護士石井琢磨です。

以前に取り上げた不倫SNSの情報流出問題で、自殺者も出てしまったと報道されました。
http://www.cnn.co.jp/tech/35069362.html

参考記事「不倫サイト情報流出問題」
http://sagamigawa.blog73.fc2.com/blog-entry-765.html

危惧していた詐欺以外に、恐喝事件も起きているようです。



仕事用のアドレスで登録していたりすると、地位もバレバレですから、恐喝のターゲットになりやすいのでしょう。

Newspicksで、このニュースに対する荘司雅彦弁護士のコメントが刺さりました。引用します。
https://newspicks.com/news/1124948?ref=user_100616


『社会的非難に遭いやすい「公職」に就いている人たちは、確かに恐喝のターゲットにされる怖れがあります。
対処法が難しいですね~。
誰か暴露被害者が出れば、犯人は「要求に応じなければ○○のようになる。(実は違っていても)あれは俺の仕業だ」と脅すでしょうから、毅然たる態度がとりにくい。
かといって、一度要求に屈するととことん搾り取ろうとするのが恐喝犯の常道です。
まあ、公職を捨てればいいのでしょうが、命がけで地位を守りたいのが公職者の性(さが)ですし・・・。
警察もバカじゃないので、自殺する前にしっかり相談することをお勧めします。

詐欺や恐喝の摘発のために、被害対策担当の警察官やわれわれ弁護士等が個人名でどんどん登録することが有効でしょう。
「犯人さん、いらっしゃい」ですね(*^_^*)』




われわれ弁護士等が個人名でどんどん登録することが有効。

この発想はなかったです。

登録者に対して詐欺犯や恐喝犯がアクセスしてくる。
しかし、それは摘発のために登録していたワナ。
振り込め詐欺で使われている、だまされたふり作戦と同じです。
おどされたふり作戦。

ワナが増えれば増えるほど、犯人は動きにくくなりますね。

不貞はよろしくありませんが、自殺するほどの問題かよ、と思いますので、こんな二次被害は避けたいところ。

今から登録したところで、犯人がアクセスできる環境下に置かれるのかよくわかりませんが、日本での被害多発を回避するためにも、警察や弁護士の方々は身を挺して登録してみましょう!


というわけで、万一、不倫サイトから、私の情報が出てきたとしても、ええ、社会正義のために登録したものですので、誤解なさらぬように!!

「ちょっと、アンタ、不倫サイトに登録してるでしょ!」とパートナーから責められた際には、
「あれ、知らないのかい?いま、弁護士や警察では、詐欺や恐喝対策のために、実名で登録する動きがあるんだ。僕も日本での被害を発生させないために、囮として登録しているだけだよ。あ、この話は内密にね」と主張できますね。

バラされても怖くない状態に持っていけば、詐欺や恐喝にはひっかかりません。

やましさをなくすのが、最高の対策。


最後に、このサイトの中の女性はほぼ偽物という報道もされました。
http://news.livedoor.com/article/detail/10520347/

「不倫サイトに登録してるでしょ!」と責められたら、
「あれはいくら頑張っても不倫できないサクラサイトなんだよ」と切り返すのも一つの方法です。

ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter






関連記事
2015/08/29(Sat) | news | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/767-eec388e8
前のページ ホームに戻る  次のページ