大量の着物のその後
弁護士石井琢磨です。

ドローンがうまく飛ばせず苦闘中です。


先日、相続財産管理人の仕事で、着物を売る機会がありました。

着物



相続財産管理人は、誰も相続人がいないので、裁判所が選んだ、財産を管理する人。

借金なんかがあれば、財産をお金に換えて支払ったり、余れば、国に納めたりします。

その仕事で、何十着もの着物を売らないといけなかったのです。

着物って、買うと高いけど、売るとろくな値段がつかないのですね。

もちろん、未使用かどうか、サイズ、保管状況なんかによって多少の値段は変わるのですが、
購入価格1000万円以上のものでも、数万とか数十万とかそんな値段が多いようです。

業者さんの話では、着物は一定時期に大量に買っている人が多いようで、人によっては、1億近い買い物をしている人もいるとか。それが数十万円にしかならないと、相続人はガッカリですね。


プロが見ると、着物だけからでも、色々なストーリーが見えるようです。

私の事件でも、「購入時期が集中してるよね?」
「退職金でも入って買っちゃったのかな?」
「この人の身長はこれくらいでしょ?」
「着物を外には着ていかないタイプだよね」
などと、着物を仕分けながら、ズバズバ推理されていました。


弁護士という仕事柄、着物の大量購入と聞くと、つい
認知症の高齢者を展示会に連れて行って取り囲んで買わせたんじゃないか
とか考えちゃいますが、
私の仮説は、「全部、一回は羽織ってるし、買って、家で楽しむタイプだったんでしょう」と、業者さんに否定されました。


これは、「ビブリア古着物堂の事件手帖」って小説でも書き始めたら売れるんじゃないかな、と企画を構想中です。


ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter





関連記事
2015/06/28(Sun) | 相続 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/763-3fa43752
前のページ ホームに戻る  次のページ