良い子はマネしちゃいけない『迷惑メール、返事をしたらこうなった。』
迷惑メール、返事をしたらこうなった。 詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ
迷惑メール、返事をしたらこうなった。 詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ



弁護士石井琢磨です。

『迷惑メール、返事をしたらこうなった。』という本を読みました。

『ついていったら、こうなった』
ついていったら、こうなった―キャッチセールス潜入ルポ


『クリックしたら、こうなった』
クリックしたら、こうなった


など、捨て身でネタを追い求め続ける多田さんの本。

迷惑メールは、法規制の存在も忘れられるほど、全く減りません。
フィルターを抜けてきた迷惑メールを一括で削除する際、大事なメールも一緒に消してしまうなど、石井家の被害も止まりません。

これだけ減らないということは、利益が出ているということです。

では、どんな仕組みで利益が出ているのでしょうか。
本書では、いろいろな迷惑メールに返事をした結果が紹介されており、この仕組みに迫れます。


最初に紹介されているのが、

ロト6攻略法詐欺。

これも、報道されている割にはなくなりませんね。

多田さんが紹介したメールは、アベノミクスが騒がれている際に
「急激な円安の今がチャンス!」
「現役投資家が教えてくれる0円サイト知ってる?」
などと、投資を切り口にしたメールです。

流行に乗って勧誘するのは詐欺の常套手段。


このような切り口で、ロト6攻略法のサイトに誘導。


「よくある質問」のページには、「ロト6での投資は初めてで不安なのですが」の問いに対して、「株やFXのようなギャンブル性の高い投資とは違い、安定性の高い投資です。ぜひ一度ご体感ください」とある。(36ページ)



そうか、ロト6って、投資だったのか。


そのサイトでは、無料会員登録をすると、低い順位の当選情報をもらえるらしい。

多田さんは、その情報に従い、実際にロト6を購入。

しかし、ハズレ。


このような無料情報から入る場合、無料情報でおいしい思いをさせ、有料に誘導するのが定石です。


最初からハズレとはどういうわけなのでしょうか。


多田さんも気になったようで、業者に連絡を入れています。

a0002_010302.jpg





私は開口一番、「ハズしましたね」と言うと、男は驚いたように、「いいえ、何を言っているのですか。当たっていましたよ」と大声を上げる。ここまで断言されると自分の見間違いもあるかもしれないと思い、小声で「そうだったかな」と答えた。
「そうですよ。当社の予想番号が当たっていないはずがありません。いますぐ売り場に行って換金したほうがいいですよ」と男は言う。
そこで私が「あとで確認します」と引くと、男は「さて、次の情報を受け取るにあたってのご説明をします」と話を切り出した。
「多田さんにはID費用として1000円を振り込んでいただきます」(41ページ)




なんと、ハズレだったにもかかわらず、「当たった」と断言しちゃう手法。

ロジックなんてまったくない訳ですが、意外にこの手法は有効です。

というのも、ハズレなのに「当たっていましたよ」と言われて、話を続けてしまう人は、押しに弱い人。自分に自信がない人。裏付けを取らない人。

いかにも、騙され続けそうではないですか。

普通の人は「詐欺だ」「ウソだ」と離れていってしまう手法でも、カモになりそうな人を選び出すことができるのですね。

彼らは、こうやって成功率を高めているのです。

本書では、このようなロト6詐欺以外にも、出会い系、架空請求、架空弁護士、SNSの友達申請などよく見かける手口を紹介してくれています。


この潜入捜査の過程で、同名の女性から1万5000通ものメールが届くようになったとか。


うーん、マネしたくない。


それだけの犠牲のもとに作られた一冊。メールをクリックする前にチェックしておきましょう。



迷惑メール、返事をしたらこうなった。 詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ
迷惑メール、返事をしたらこうなった。 詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ多田文明

イースト・プレス 2013-11-29
売り上げランキング : 44693


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



関連記事
2014/04/01(Tue) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/729-9e189d3b
前のページ ホームに戻る  次のページ