未来小説「know」から予知する、ウェアラブルとオレオレ詐欺の未来 
弁護士石井琢磨です。

『know』という未来小説が面白かったので紹介します。

know (ハヤカワ文庫JA)
know (ハヤカワ文庫JA)



未来では、あらゆるものに情報材が塗られ、脳内に「電子葉」という補助脳を入れている設定です。
ネット検索が脳内で瞬時にできるようなものです。

2014年はウェアラブル端末と言って、腕時計やメガネなど身に付ける物にコンピュータ機能を加えたものがたくさん出ると言われています。
ソニーのスマートカツラなんて話もありました。


この流れが発展していくと、もう脳内に入れちゃえ、となるのです。
電子葉があると、メールなどの情報は自分の目の前に現れますし、メールの着信を知らせる音もダイレクトに耳に届くのです。
イヤホンなんていらない。

かなり便利な未来です。

情報格差



ただ、小説の世界では、あらゆる人が、あらゆる情報にアクセスできるわけではありません。
市民は、クラス分けされ、
・アクセスできる情報
・守られる個人情報
が決まります。


大臣だとクラス6で国家機密にもアクセスできますが、標準の市民はクラス2でアクセスできる情報も守られる個人情報も制限があります。

慈善活動をすると、クラス3に上がったり、交通違反で罰則を受けるとクラス1に落ちたりします。


未来の口説き方



小説の主人公は、情報庁という組織のエリートのため、クラス5が与えられています。
国家機密以外のほとんどの情報にアクセスできるのです。

彼は、この能力を使って、女性を口説いたりします。
相手の趣味嗜好を知ることで、「初対面と思えないほど話が合った」という状態を作り出せるのです。
簡単に「運命の相手」だと思ってもらえることでしょう。

情報を持っていると強い。


未来の生活保護



逆に、クラスが落ちると、現代の価値観からすると、ひどい生活が待っています。

生活保護を受けていると、クラス0

ほとんど情報を得られず、個人情報も守られません。

クラス0の女の子の情報は、いくらでも盗み見られてしまうのです。
プライベートは垂れ流されてしまいますし、裸の画像すら簡単に入手されてしまいます。


情報化社会が進むと、情報格差が生じ、極端な社会だとこのような世界になるかもしれません。


情報化とウソつき



警察



このような情報化社会では、ウソをつきにくくなります。

この世界の警察の取調室がどうなっているかと言うと、
情報材の素子密度が非常に高いとのことで、室内の情報は高精度にモニタリングされるのです。

脈拍、体温、挙動不審もすべて拾われます。


室内がまるごと嘘発見器のようになっているのです。

ただ、ここでもクラスの壁はあり、クラス5の人間の取調べをしようとしても、その情報にはなかなかアクセスできないのです。

クラスの低い人が相手なら、簡単に真実を暴けるのでしょう。


情報化でウソがつけない社会のリスク



ウソがつけない社会なんていいね!、と考える人がいるかもしれません。

しかし、ものすごいリスクもあります。

ハッキングです。

「知る」とは、五感を使って情報を脳にインプットすることです。
五感を使う際に、電子葉という脳内のコンピュータを使っていると、それをハッキングされ、五感を操作されてしまうリスクがあるのです。

相手の目に気持ち悪いものを見せたり、音を聞かせたりすることもできてしまうのです。

自分は変装していないのに、特定の相手の電子葉をハッキングし、視覚を操作することで、その相手には別人に見せることができます。
指名手配されていても、警察から見ると別人に見えてしまう。


未来の新オレオレ詐欺



ハッキング能力があれば、簡単にオレオレ詐欺ができてしまうのです。

今は、電話で「オレ」と言って信じ込ませるだけですが、同じようなことが相手の視覚を操作することで、現実世界の映像としてできてしまいます。

息子のように見え、息子の声に聞こえる人物にお金を渡しても、その視覚や聴覚は操作されていただけで全くの別人、ということがあり得るのです。

便利だけど、ハイリスクな世界なのです。

ネット銀行が便利な一方で、フィッシングでパスワードを知られ、預金も奪われる事件が増えている。
この延長線にある構造ですね。


まとめ



小説のような世界が来るかはわかりませんが、これからもっと便利な未来が来るのは間違いありません。
便利なツールを導入するときに、忘れてはいけない視点をもらえる一冊です。

60年後に新オレオレ詐欺に遭いたくない人は、読んでみてください。


know (ハヤカワ文庫JA)
know (ハヤカワ文庫JA)野崎まど シライシユウコ

早川書房 2013-07-24
売り上げランキング : 15824


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「交渉は情報戦」と言っていた本がありましたね。

プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法
プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法



関連記事
2014/01/25(Sat) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/727-58008526
前のページ ホームに戻る  次のページ