家族とのつながりを断つ面会禁止について
弁護士石井琢磨です。

年末年始ということもあり、家族と一緒に過ごしている人も多いのではないでしょうか。

急に、家族と連絡を取れなくなったらどう感じるでしょう。


そんなことを考えています。


PC遠隔操作事件について、ジャーナリストの江上紹子さんの記事を読んだからです。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20131222-00030897/

もう起訴されて、公判前整理手続も進んでいる最中ですが、全面的に面会禁止が続いているらしいです。
家族とも面会できない状態とのこと。


裁判官が、逮捕後の勾留を決定する際、面会を禁止する決定を併せてすることがあります。

この決定がされると、弁護士以外とは会えないのです。

面会を禁止する理由は、逮捕された人と、他人とを会わせてしまうと、「あの証拠を隠してくれ」「捨ててくれ」などというやりとりがされてしまうから。
そのため、共犯者がいる事件や、犯行を否認している事件では、面会が禁止されやすいです。

ただ、弁護士以外との面会では、立会人が会話内容などをメモするので、事実上、事件のことはあまり話せませんし、「隠してくれ」などと伝えるのは難しいです。


禁止理由は、説得力があまりない。


むしろ、誰とも会わせないというのは、逮捕された人と外部とのつながりを断ち、精神的に追いつめ、警察や検察の言うことをきかせやすくするためであると、弁護士業界からは批判されています。

さらに、つながりを断たれて苦しむのは、本人だけではありません。


家族も苦しむことが多いです


『もしも遠隔操作で家族が犯罪者に仕立てられたら ~ネットが生み出すあたらしい冤罪の物語』
もしも遠隔操作で家族が犯罪者に仕立てられたら ~ネットが生み出すあたらしい冤罪の物語


という本では、逮捕者の家族側の視点で、つながりが断ち切られることの苦痛が描かれています。

「警察は、本人、家族、そして弁護士にも、ほとんどなにも教えてくれない。」

ため、家族には、情報が入ってこない。本人の言い分もわからない。


本の中では、そのような家族の苦しみに警察がつけ込む内容も描かれていますので、ぜひチェックしてみてください。


で、私たち弁護士は、そのような本人と家族の苦しみを減らすため、面会禁止という決定がされた場合、面会を認めてもらえるよう働きかけます。

刑事弁護の本に書かれている内容では、

1 勾留の決定前に、裁判官に働きかける
2 準抗告をする
3 特別抗告をする
4 解除請求をする


という方法です。

新版 刑事弁護
新版 刑事弁護



江上さんの記事では、4の解除請求をして、裁判官に家族とだけは会わせてあげて、と働きかけたのに、認めてくれないため、2の準抗告をしたものの、裁判官からはこれも否定された、と書かれています。

刑事訴訟法には、「勾留に関する裁判」に対しては、不服申立ができると明記されているものの、面会禁止決定に対する不服申立ができるという明記はありません。
刑事弁護の本に書かれた方法は、「勾留に関する裁判」という法律の条項の解釈として、面会禁止決定も含めることを前提にしたものでしょう。


マスコミが見向きもしない刑事事件ばかりやっている私の感覚では、家族との面会くらいは、起訴前でも認められることが多いです。起訴後は捜査が終わっているのですから、証拠隠滅という恐れはないはずで、より認められやすいはずです。


遠隔操作事件が本のように冤罪かどうかはわかりませんが、有罪か無罪かという点と、第三者との面会を認めるかどうかは別問題です。

処罰は有罪判決が確定してからすべきものです。

家族との面会を禁止することは、逮捕されている本人の精神状態を狂わすこともあります。

弁護士が毎日会いに行っても、支えられずに、事実と違う供述調書に署名してしまう人はいるのです。

あの憔悴しきった表情を見ると、今後の人生に悪い影響があるとしか思えないのです。



外部との関わりを断ち切られた人の憔悴度について説明するために、一つの制度を紹介します。

遠隔操作事件でも使われた勾留理由開示という制度です。


これは本来、法廷で勾留の理由や証拠を明らかにする制度ですが、その点ではあまり機能していません。

ただ、この申立をすると、逮捕された人が、裁判所の法廷に行けます。

内容を家族が傍聴できたりします。

すると、家族の姿を一目、見ることができるのです。

これが、逮捕された人にとって、リフレッシュになったりします。

その目的で使うのもアリだと、刑事弁護の本に書かれていたりもするのです。



いいですか。


一目、顔を見るだけで、心が安らぐ。

という精神状態になっているのです。

逮捕され、外部との関わりを断たれた人は。


そんな人が何十日、何百日と家族とも会えない日々を送る。

この苦痛を正当化できるのでしょうか。



家族とつながっているときにこそ、考えてほしい問題です。


ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter



もしも遠隔操作で家族が犯罪者に仕立てられたら ~ネットが生み出すあたらしい冤罪の物語
もしも遠隔操作で家族が犯罪者に仕立てられたら ~ネットが生み出すあたらしい冤罪の物語一田 和樹

技術評論社 2013-10-05
売り上げランキング : 256717


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



関連記事
2013/12/31(Tue) | 刑事事件 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/725-9cba1d71
前のページ ホームに戻る  次のページ