株価を予想しても当たらないので、NISAがらみ事件を予想してみる
弁護士石井琢磨です。

最近、本屋でも新聞でも銀行でも「NISA」という言葉をよく見かけます。

来年から始まる投資用の口座のことですね。

どんなものかと思って、本をチェックしてみました。

NISAにゅうもん ~5分でわかるもん 100万円を2倍にするもん~
NISAにゅうもん ~5分でわかるもん 100万円を2倍にするもん~




年間100万円までの投資について、利益を非課税にしてくれる制度です。
この口座を通して購入した株が、100万円から110万円に値上がりして売った場合、10万円が利益になります。

通常だと2万円が税金として持って行かれるのですが、NISAならこれがかからない。

一見、良さそうな制度ですが、デメリットも。


・損益通算がない。

利益はないものとして扱ってくれる一方で、損もないものと扱われます。


・5年後(または10年後)に購入価格がリセットされる。

非課税期間が過ぎた後に値上がった場合、そこには課税されます。


つまり、値下がりする株はダメ。期間内に大きく値上がりする株を買わないとメリットを活かせません。

5年以内に10倍になるような株に投資すれば、メリットがありますね。



って、それが分かれば苦労しない。

NISA以外の口座で利益を出すよりハードルが高い気がします。


みなさん、こういう制度が始まりますが、間違っても借金して投資しようなんて考えないように

日々、株やFXの失敗で、自己破産や個人再生などの相談を受けている立場からすれば、借金して株式投資というのは、失敗する確率が高いです。
背水の陣で水に落ちて溺れた、みたいな人ばかりです。


本の中では、著者の山田さんだけでなく、多数の方の失敗談が載っていますので、NISAで投資を始めようと考えている人はチェックしておきましょう。


新しい制度が始まることで、NISAの報道が来年にかけて増えると思いますので、便乗事件が起きてもおかしくないですね。こちらは注意を。

・「5年以内に上がるよ」と、ダメな投資商品を買わせる
・NISAもどきの商品を買わせる、「NICA」とか?
・「NISA口座に100万円を入金しましょう」と言って、違う口座に振り込ませる

あたりが想定されますね。
お気を付けて。



ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter



関連記事
2013/12/03(Tue) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/722-c50bd7eb
前のページ ホームに戻る  次のページ