FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
一括で借り上げるからあなたの土地のアパートを建てないか、と勧誘されている方へ
弁護士石井琢磨です。

土地の所有者に対して、不動産会社が「一括で借り上げる」ことを条件に、賃貸アパートの建築を勧誘していたケースがありました。

サブリースなどと呼ばれる契約をしていることが多いです。

土地所有者・建物所有者 - サブリース業者 - 居住者


土地の所有者としては、業者が一括で借り上げてくれるので、
面倒な管理はいらない
建築資金もローンが可能
ローンを上回る家賃が保証される
と良いこと尽くしのように感じて、契約をしてしまう方も多かったようです。

しかし、もちろんリスクもあります。

消費者法ニュース97号の「サブリース会社の収益悪化によるアパート借上の一方的解除」という特集で、問題点がまとめられていたので紹介します。


・勧誘時の約束が契約書に記載されない

家賃保証、○年保証、のような勧誘がされるものの、契約書にそのような記載はない。

証拠はない。

契約書には、2年ごとの更新だったり、解除が認められるような記載がされていたりします。

そうすると、サブリース会社が経営してみて、「やっぱり、この物件には人が入らないや」「少子化だからね」「うちの会社も苦しくて」
などという理由で、契約を切られる可能性があります。

また、保証していたはずの家賃がどんどん下がるということもあります。


・ローンだけ残る

途中で解約されても、建築費用がかかっていないならまだマシですが、建築時にローンを組んでいると、支払だけが残る、という結末。
家賃がなくなり、ローンだけ残る。支払不能に。



・違法建築、不具合に気づきにくい

自分の家を建てる場合には、まあチェックしますね。
しかし、この一括借上げだと、建物完成後、サブリース会社に引き渡されてしまうので、土地所有者が建物をしっかりチェックしにくいのです。しかも、一括借上げなので、居住者が何か見つけても、業者に言うだけ。土地所有者には伝わりにくい。
一括借り上げの契約を切られてから、建物の瑕疵に気づくなんてことも。


契約前に契約書を持って専門家に相談しておけばリスクも理解できたでしょう。

多くの人は、トラブルが起きてから(不利益を受けてから)専門家に相談、という流れを取りますが、利益が出そう、というタイミングで相談する癖を付けた方がよいのかもしれません。



ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter




関連記事
2013/11/26(Tue) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/721-3e086cee
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。