50件×5人=250件


横浜の本部でおこなわれた被疑者国選の説明会に行ってきました。



そこで、報告された内容。



来年からの被疑者国選事件が多すぎて担当できないのではないかと不安視されていた県西支部。



匿名で事前にアンケートを取ったところ、年間50件以上担当できると答えた弁護士が5人いたそうです。



そのおかげで、想定事件数を十分にこなせるという結果になったとの事。数字上は。

年間50件はやってみたら厳しいってこともあるので、引き続き登録者は求めるという話がされていましたが。





その匿名アンケート、そういえば、1度送られてきて返信先が記載されていなかったからか翌日にもう1回送られてきたような。



50件と回答した人、二重回答じゃないでしょうね

できる確率50%と書こうとして50件って書いちゃったとかじゃないでしょうね。





被疑者国選の場合、本部では待機期間が1週間ということ。

支部でも同じようなシステムで始められるとすると、365日÷50件・・・7日



毎週、被疑者国選待機日ってことに





まあ、今の当番だと1日に3箇所の警察に行って来いってこともあるのに対し、被疑者国選なら1度に1件だという考え方もありますが、示談交渉とか入ったら、スケジュールが大変なことになりそうです。



すごいですね。この5名の方。



私も、今までの経緯もあるので、例年よりも多めの数字で回答しておきましたが、足下にも及ばない数字です・・・







人気blogランキングへ





関連記事
2008/07/08(Tue) | 刑事事件 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
コメント
--被疑者国選--

県西部(小田原・相模原支部ですかね)に5人以上の方が年間50件オーケーというのはすごいですね。
小田原支部にユニークで刑事事件に熱心な方がおられますが、その方を始めプロノボ活動をやる方が多そうですね。
多分両支部で管轄人口は150万から200万人程度と思いますから、ものすごい数の被疑者国選になりますね。年間50件も担当したら過労死までいかなくても心労でダウンしそうです。
県西部所属の会員数は何名程度いらっしゃるのでしょうか(貴会も今年1000名超しそうですね)。
by: 隣県の単位会 * 2008/07/09 21:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

>隣県の単位会さま
呼びました?(w
横浜弁護士会県西支部というのは旧称小田原支部でして,相模原支部とは別になります。
現在の県西支部の登録数はたしか72名だったかと思います。
by: さぬきうどん1号 * 2008/07/11 11:25 * URL [ 編集] | page top↑
--関弁連大会--

さぬきうどん1号先生
コメントありがとうございます。また、石井先生の
若々しいブログ、とても楽しみにしております。

横浜弁護士会はとても活発・人材豊富ですね。
前々年度の貴会会長で現在日弁連副会長の
先生も凄くダンディーでうらやましいです(十県会
その他で弊会の連中の通説)。

先生方や大船の先生その他貴会の会員の皆様と
勘弁連大会でお会いできることを楽しみにしております。私は嫁と一緒に行って、昼間は中華街か高層高級ホテルのレストランで嫁接待をしようかと思っています。やっぱり横浜は舞台が良くていいなあああ。
by: 隣県の単位会 * 2008/07/16 21:23 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/70-a46856f3
前のページ ホームに戻る  次のページ