FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
裁判員裁判で提供される音声認識再生ソフトが意外に良かった件
弁護士石井琢磨です。

先日、裁判員裁判の記事を書きました。
関連記事:性犯罪の裁判員裁判

この裁判で、裁判所が提供している音声認識再生ソフトを初めて使いました。

CD



利用したことがある弁護士にとっては今さらでしょうが、その感想を残しておきます。


通常の裁判では、証人尋問の結果は、速記官や書記官によって書面にされます。
ただ、これには時間がかかります。
民事裁判などでは1カ月くらいかかることもあり、証人尋問の結果をふまえて最終の主張書面を出す、という場合、尋問から1カ月後に証人尋問調書が届き、「ああ、こんな尋問もあったなぁ」というノスタルジアチックな気持ちで、最終の主張書面を作成する、ということがよくあります。
刑事裁判でも似たような感じ。

ところが、裁判員裁判は、市民も巻き込んで一気に判決までするという制度なので、1カ月も待ってられません。
そのため、裁判員裁判開始時に出てきたのが、音声認識再生ソフト。
証人尋問の内容を録音して再生してくれるというソフトです。
NECにより開発されたというもの。

このソフトの話が出たとき、埼玉弁護士会では、こんなソフト使えねぇから書面作ってくれ、という会長声明が出されるなどしていました。
http://www.saiben.or.jp/chairman/2009/090518_01.html

こんな話を聞いていたので、このソフトにはまったく期待していませんでした。
尋問後に、証人尋問の結果を再生して聞いている時間などないだろうと。

ただ、今回の裁判では、一部の事実認定に争いがあったので、最終弁論で引用する証言などは正確にしたい。
法廷にPCを持ち込んでタイピングしていたのですが、加齢の影響によりタイピングスピードが衰えてしまっています。
要旨しか打ち込めませんし、自分が尋問している間は打ち込めません。
相方の伏木弁護士の字は汚くて読めない。

しかたなく、この裁判所のソフトを使ってみたのです。

このソフト利用時には、誓約書に署名させられます。
この誓約書の内容が、まあ大変です。
ソフトを利用している間、ネットにつなげないという制約があるのです。
関連記事:裁判員裁判の尋問DVDを借りる際の誓約書


メインパソコンでは使えず、古い放置されたパソコンを取り出して使ってみました。
まあ、そもそもソフトのCDに「ビスタ対応版」と書いてあるので、私のメインパソコンの「7」では動かないのかもしれません。

CD



このソフトのほかに、期日ごとにDVDにデータを書き込んでもらい、それをソフトに取り込みます。

すると、尋問ごとにデータが作成されます。
聞きたい箇所のデータを開くと、

入力マイクの人物と時刻が記載され、大まかな質問・回答の流れがわかります。

尋問



自動に文字変換をしてくれているので、期日に控えたメモと照らし合わせれば、引用したい箇所の証言はすぐ見つかります。

「あの裁判員とのやりとりを確認したい」という場合には、質問者で調べればすぐ辿りつけます。
一応、再生速度の変更も可能。

再生速度





極めて実用的だと感じました。



予想以上の使い勝手だったので、思わず事務所の弁護士の仕事を中断させ、すごさをアピールしてしまいました。


民事裁判の尋問でも、最終準備書面の準備ならこれで十分なのではないかとも感じました。


尋問後にいちいち証言の音声を聞いていられないという理由で、裁判員裁判の登録を避けている、という弁護士さんには、一度このソフトを使ってみてもらいたいです。



ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

ランキング参加中です→人気blogランキングへ



関連記事
2013/03/12(Tue) | 刑事事件 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/667-fcedc15e
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。