忘れた頃に借金の請求をされた場合のチェックポイント
時効の借金請求が増えている



弁護士石井琢磨です。

私は、数年間、法テラス小田原の審査委員を担当しています。
法テラスは、収入が少ない人に対する弁護士費用の立替払いをしてくれる機関。
申請があった案件をチェックして、法テラスで対応するのが良いのかどうかを審査する仕事です。

この仕事をしていると、どのような事件が法テラスに増えているのか知ることができます。

最近、感じたのは、借金の時効の事件が増えていること

法テラスに相談に来ている人は、借金の督促をされて相談に来ます。
しかし、調べてみると時効になっているので、払わなくてよくなる、という解決パターンが急に増えています。

これは、法テラスだけではなく、私の事務所に来る相談でも感じていたことです。

数年前までは、貸金業者の債権が時効にかかるケースは少なかったのですが、管理が杜撰になっているのか、貸金業者側のコストの問題なのか、時効になっているケースが増えているのです。

しばらく払っていない借金の請求を受けたら、チェックすべき点です。

1 5年経っているかどうか

消費者金融、クレジット会社、銀行など、お金を貸す商売をしている業者からの借金は、返さなくなって5年経つと時効となります(ざっくり言うと)。


2 裁判が起こされていないかどうか


5年という時効期間が経つ前に裁判を起こされていると、時効は成立しなくなります。
この期間、裁判所からの手紙が自宅に届いていないかどうか、また、住所不明状態だったことがないか確認してください。裁判は住所不明者相手でも起こせます。

裁判や支払督促など裁判上の請求があると、時効は止まります。
以前は、業者は5年経つ前に裁判上の請求をしっかりしており、時効になるケースは少なかったのですが、最近は、裁判や支払督促をされていないケースが増えているのです。


3 承諾していないか


この5年の間に、裁判上の請求を受けた以外に、自分自身が借金を承諾している場合には、時効期間はリセットされます。
借金を払ったり、「借金を払います」と認めたりすると、承諾したことになるのです。
5年経つ前に、業者が訪問してきて承諾書にサインさせるようなケースがよくありました。



このようなチェック項目をクリアした借金の請求を受けた場合、借金が時効になっている可能性が高いです。
ただし、時効になっている借金でも、「払います」と一度認めると、時効の主張はできなくなります。

時効は主張して初めて効力が発生すると考えられていますので、時効期間が過ぎている借金を請求すること自体は違法ではありません。
民法145条「時効は、当事者が援用しなければ、裁判所がこれによって裁判をすることができない。 」

そのため、時効になっているかもしれない借金の請求を受けたときには、
すぐには払わない
払うとは言わない
書類にはサインしない

ことが大事です。


「調査してから回答します」と答えておけば良い。


調査して時効になっているのであれば、時効の主張をすれば良いのです。

時効の主張は、「時効を援用する」という通知を業者にします。
証拠に残る内容証明郵便でしておく方が無難です。

以上のように、最近は、時効になっている借金でも請求されるケースが増えています。
忘れた頃に借金の請求を受けた場合には、対応を間違えないでくださいね。



ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

ランキング参加中です→人気blogランキングへ



関連記事
2013/01/26(Sat) | 借金問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/658-fbe20820
前のページ ホームに戻る  次のページ