「○○が増えている」
数字は客観的ではない、主観的に表現されるものだ



弁護士石井琢磨です。

「○○が増えている」と発表されることがありますが、事実とは限りません。

数字はコントロールできてしまうからです。

消費者法ニュース93号では、大阪府による「ヤミ金が増えている」とのコメントに対して疑問を投げかける記事がありました。

大阪府は、改正貸金業法施行以降、ヤミ金の被害が増えているとコメントしていたそうです。
しかし、その根拠は、大阪府が行っている相談件数とのこと。
この件数は、平成22年度までは10~30件程度なのに対し、平成23年度は139件に増えています。

うちの事務所でもヤミ金の相談は定期的にありますが、こんなに急増していません。
大阪にヤミ金が集まっているのでしょうか?

違います。
数字がコントロールされているのです。

相談件数という数字は、作り出す過程でコントロールが可能です。

「相談受付中!」と広くPRすれば、今まで相談できなかった人が相談するようになります。

そのために件数が伸びただけ、という可能性もあります。


消費者法ニュースの記事では、このように相談件数をもとにヤミ金の被害が増えているというコメントは不正確ではないかという疑問を投げかけているのです。


このような数字の急増は、犯罪統計上もよく見かけます。
昔からあった被害について、相談窓口を設けたために数字が増えることはよくあります。
性犯罪、DV、ストーカーなどが典型です。

被害は前からあったのに、相談しやすくなったため相談件数が増える→被害が増えているかのように表現される。


このように「○○が増えている」という発表の場合、根拠となる数字はコントロールされている可能性があるのです。




また、そもそもの定義をコントロールすることもあります。

「○○とはなんぞや?」

たとえば、振り込め詐欺

「振り込め詐欺は増えている」という報道があったとして、
そもそも「振り込め詐欺」ってどこまで?というのが曖昧なのです。

典型的な振り込め詐欺は、かつて「オレオレ詐欺」と呼ばれたものののように、知り合いを装って振り込むように騙す手法でした。
しかし、その後、架空請求のように、単に支払義務があるかのように装って振り込むよう騙す手口もここに含まれたり、
親族を装った手口であるものの、振り込みではなく、現金手渡しというタイプも、現金手渡し型の振り込め詐欺(なんじゃそりゃ)と位置づけられたりします。

振り込め詐欺が増えている、と報道された場合も、何が増えているのか実態をみないとわからない可能性があります。

「振り込め詐欺が増えているんだ、うん、気をつけよう」と言って、架空請求に引っかかっては仕方がありません。

大事なのは、「○○が増えている」という、うわべの情報だけに騙されないことです。
実態を見ていきましょう。




アンケートの結果は、数字が操作されやすい。

最近、大学生における「mixiのシェアが97%から2%に激減」という情報をよく見かけました。
新聞でも見た記憶があります。

そこまで減ってるか?

確かにfacebookで十分ともいえますが、匿名であれだけの規模のSNSを98%の大学生が使っていないとは考えにくいです。

怪しいと思って調べたら、すでに調べてくれた人がいました。

http://news.livedoor.com/article/detail/7245514/

97%や2%という数字は、大学生のアンケート結果によるものです。

ところが、
97%というのは、2010年の結果で、「利用しているサービス」は何?
という質問に対して、約97%の大学生がmixiと回答したというのが根拠。

これに対して、今回の結果では、
「利用しているSNS」は何?という質問に、約70%の大学生がmixiと回答。

あれ?2%ってどこから?と思ったら、

最も利用しているSNS」は何?という質問に、mixiと答えた大学生が約2%
とのこと。

「最も」


要は、mixiは一応使ってるけど、メインじゃないよね、という大学生が多いということ。


mixiのシェアが97%から2%に激減

というのは、数字の元になっている質問が違うのです。

リンク先の画像を見れば一目瞭然です。


アンケート結果というのは、質問によって表現の幅が違ってきます。
今回のように複数の質問をすることで、違う数字を導くこともできてしまうのです。




このような「○○が増えている(or減っている)」という発表が、何らかの意図をもってされることもあります。
気づかぬうちに誘導され、SNSで拡散しちゃっているということもあります。

踊らされないように気をつけてくださいね。



ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

ランキング参加中です→人気blogランキングへ


関連記事
2012/12/21(Fri) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/652-d6ffa5df
前のページ ホームに戻る  次のページ