キンドルでは法律書籍を買えそうもない
弁護士石井琢磨です。

Amazonで本を検索すると、同じ表紙が2つ表示されることが出てきました。

amazon



紙の本と電子書籍版ですね。

毎年のように「電子書籍元年」と言われていたような気がしますが、ようやく実感しました。


いつもと同じようにワンクリックで電子書籍が買えてしまう。

購入に関しては驚異的に便利です。


すぐに端末に書籍の情報が降ってくるわけですから。


Amazonで販売されているキンドル版という電子書籍は、キンドルという端末を持っていなくても、iPadやiPhoneでも読めます。
キンドルというアプリを入れておくだけで読めます。

また、紙の本をスキャンしたPDFファイルをアプリのキンドルで読むこともできます。

実際、どんな使い勝手なのだろうと試しに1冊、キンドル版の電子書籍を購入してみました。

買うのは一瞬。

便利なのは、複数の端末でしおりやハイライト部分を共有できること。
電車内ではiPhoneで読み、その続きを家でiPadで読むことができます。

キンドルアプリ



さらに、今後、キンドル Paperwhiteを購入すれば、寝る前まで続きを読むことができます(私は、寝る前には睡眠効果を上げるためにPCやiPadの光を目に当てないようにしています)。

Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite



この共有機能は便利。


今のところ、私が感じたキンドルの便利さは以上のみです。


これじゃ仕事には使えない。


この環境では、キンドルは、自分にとって情報管理の主役にはなれません。

私は、自分が過去に触れた書籍や情報をほぼ一元管理しています。

過去に触れた情報の中から「住居侵入罪」に関する情報を再確認したい場合、一瞬でキーワード検索できるようにしています。


ところが、今回のキンドルでは、データはAmazonで管理されているため、このキーワード検索システムに入ってきません。
今のところ、iPadのアプリ内でも全文検索ができないようです(虫眼鏡アイコンが反応しない)。
情報を見たい場合、アプリで個別にアクセスする必要があります。


Amazonで購入した電子書籍は、情報のストックにはならない。フローの情報に過ぎません


もともと法律関連書籍のような専門的な本は、電子書籍に適しています。

法律本に関する私のニーズは次の3つ。

1 ピンポイント情報をすぐ調べ、使いたい。
2 増えすぎるので場所を取らない方がいい。
3 あとで他の案件で調べる際にキーワード検索したい。

このうち1,2は、キンドルで対応できます。
問題は3。
あとでキーワード検索できるシステムがないのでは価値は半減してしまいます。

3の問題がクリアできて、質の高い専門コンテンツの提供がされたら、法律事務所から本棚を消せる日が来そうです。

Amazonさんが電子書籍版と一緒にPDFファイルをくれればこの問題は解決しますよ。
私は何度か電子書籍を買ったことがありますが、PDFファイルでもらえるタイプでした。

ぜひお願いします。


ちなみにキンドルアプリは、表示がずれたり、PDFファイルでは見開きにできなかったりハイライト選択ができなかったりと他の表示アプリに比べて不便です。まあ、始まったばかりなので、きっと改善されるでしょう。

キンドルアプリの表示


また、上記検索システムを不要とする、漫画や小説などのエンタメ分野に関しては、キンドルは便利ですね。


Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite
Amazon.co.jp 2012-11-19
売り上げランキング : 2


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




関連記事
2012/11/04(Sun) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/643-4885fbab
前のページ ホームに戻る  次のページ