偏差値35から弁護士に受かる記憶術
偏差値35から公認会計士に受かる記憶術 (講談社プラスアルファ新書)



弁護士石井琢磨です。

『偏差値35から公認会計士に受かる記憶術』

という本を読みました。

いやー、私が書いたのかと思いましたよ。
あ、違いました。
私は、公認会計士じゃなかった、弁護士でした。


『偏差値35から弁護士に受かる記憶術』

こんな企画書を作ったら、また怒られそうですね、はい。


偏差値35なんて大したことありません。

そこからでも難関試験と呼ばれる試験に合格できるわけです。
偏差値35でもがいている人は、希望を持ってください。

私が偏差値35をマークした高3の夏には、ショックというより、平均から外れすぎていて、
「これはなかなかマークできない記録だな」と我ながら感心したものです。
予想どおり、それを下回る偏差値は記録できませんでした。
偏差値35をマークした後は、「問題を読まなくても正解に辿り着ける本」みたいな本を読み始めて迷走してはいましたがね。


さて、本書の記憶術。

大きく3つの記憶術が紹介されています。

脳にインパクトを与える。
覚えたい情報をまとめる。
オウム返しで覚える。

やはり、みんな同じような結論にたどり着くようです。
試験勉強を長く続けると、気づくのです。

あ、この脳ってヤツは、忘れっぽいヤツなんだな、と。

だから、
衝撃的な印象づけをして覚えてもらったり、
関連づけてグループ化して、1個1個覚えるより効率化してあげたり、
なんどもなんども丁寧に接触させてあげたり
しないと、覚えてくれないんですよね。


あとは、この3つの基本的な方法を、色々と応用していけばいいのです。


たとえば、私の場合、

1 脳にインパクトを与える。→色で強調する。

私が司法試験受験時代に使っていた本は、カラフルにマーキングされています。
司法試験に合格するためには、法律上の問題について、実務上の裁判例の立場はどうだったか、その他の考え方はどうだったか、などの知識が必要になります。
これ、こんがらかっちゃうんですよ。
2つの考え方があったのは思い出せるけど、判例はどっちだっけ?と。
もうこれは、脳の中でも、文字だけ読んでるとさぼりがちな、右脳サマに働いてもらうしかない。
そう考えた私は、本の中で、「判例」と書かれているところに全て緑色を塗りました。
緑は目にいいって言いますしね。

試験会場で、あ、この考え方が緑だったな、と思い出せることが少しは増えるわけです。
緑で塗る時間以上の効果は確実にありました。

このテクは、
脳にインパクトを与える。
の1つの使い方なわけです。


2 覚えたい情報をまとめる。→条文にまとめる。


覚えることがたくさんあると、絶対に漏れがでますよね、仕方ないですよ、脳は完璧じゃないから。

私が受けていた司法試験では、論文試験という最難関の試験で、試験用の六法を見ることができました。
この試験に限っていえば、条文は覚えなくていいんです、見ることができるから。
これを知った私は、脳が漏らしてしまう確率を減らすために、論文試験に必要な情報を、条文に関連づけて覚えました。

第192条  取引行為によって、平穏に、かつ、公然と動産の占有を始めた者は、善意であり、かつ、過失がないときは、即時にその動産について行使する権利を取得する。

という条文を見たときに、
「平穏に」「公然」「占有」「善意」「過失がない」などの部分を見たら、「あの問題点があった」と思い出せるようにしておくのです。

記憶する段階で、条文とセットで覚えるようにするのです。

そうすると、試験会場で条文を見たときに、脳が記憶を発動してくれやすい。

このテクは、
覚えたい情報をまとめる。
の使い方なわけです。


3 オウム返しで覚える。

これは応用も何もないですね。実践ですね。

なんとかの忘却曲線ってあるように、脳は忘れるものですから、しかたない。
文句いっても、限界がありますから、与えられた制約の中で頑張るしかない。

忘れることを前提に、いちばん効率いい方法を考えるのです。

脳が忘れてしまうギリギリのタイミングで、思い出させるのです。

これがどれくらいのタイミングかは、人によって、情報によって違います。

インパクトあった情報は忘れにくいし、理解してないことは2秒で忘れます。

だとすれば、自分の脳の能力を検証するしかないです。
PDCAですよ。ビジネス書ふうに言うと。

どうせ何回も読んで覚えなきゃいけない情報は、繰り返すタイミングが、どのくらいだったら、どういう効果があったか記録して、将来予測をするのです。
あ、自分の脳は、この情報は21日で忘れるな、じゃあ、20日と23時間59分後に復習しよう、というようにね。
このスケジューリングができるかどうかが勝負の分かれ目です。

というわけで
脳にインパクトを与える。
覚えたい情報をまとめる。
オウム返しで覚える。
という3つの基本的な記憶術。

自分で応用すれば、試験だけじゃなくて、いろいろと使えそうでしょ?

ぜひ試してみてくださいね。


偏差値35から公認会計士に受かる記憶術 (講談社プラスアルファ新書)
偏差値35から公認会計士に受かる記憶術 (講談社プラスアルファ新書)碓井 孝介

講談社 2012-08-21
売り上げランキング : 101761


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
2012/09/28(Fri) | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/637-a0612ce9
前のページ ホームに戻る  次のページ