なぜ自分の言い分が通らないのか
紛争


弁護士石井琢磨です。

裁判など紛争の当事者がよく言います。

「なんで、こんな簡単なことを裁判官が分からないのでしょうか」

「簡単に解決できる問題なんじゃないですか」

みなさんの立場から簡単に見えるのに、なかなか解決に至らないのはなぜでしょうか?



紛争には、「どのような事実があるか」のレベルの争いと、「それをどう評価するか」の争いがあります。

事実と評価の違いです。

そして、多くの紛争には「どのような事実があるか」で当事者間に争いがあるのです。


たとえば、「うちの夫は浮気をしているんです。だから慰謝料をもらいたい」という女性がいるとします。

浮気をしていれば、原則として、慰謝料を請求できます。

しかし、夫は言います。「いや、浮気してないから」

こうなると、妻は「浮気をしている」、夫は「浮気をしていない」と事実に争いがあります。

そのため、慰謝料が発生するかという「評価」をする前に、その対象となる事実を確定しないといけません。
つまり、浮気をしていたか否か。

自分の主張している「浮気をしている」という事実が認められれば、その後に「慰謝料が請求できる」という評価につなげるのはそんなに難しくありません(例外はありますけどね)。

当事者は、自分の主張している事実が当然に認めてもらえると考えてしまいがちです。
これを前提にすれば、紛争は簡単に解決できそうです。

しかし、裁判では違います。


証拠。


争いがある場合には、証拠から、どういう事実があったのかを認めていくのです。

だから、自分の主張している事実が認められることを前提に主張だけしていれば簡単に紛争が解決できる、とはならないのです。

みなさんも、上の例の「浮気」に自分の主張する事実を当てはめて考えてみてくださいね。


『ハーバード流交渉術』

ハーバード流交渉術 必ず「望む結果」を引き出せる!
ハーバード流交渉術 必ず「望む結果」を引き出せる!



という本で、岩瀬大輔さんが「訳者の言葉」に書いています。


これまでの私自身の経験を振り返ってみると、誰かと意見が対立し、合意に達することができないケースは、次の三つの場合でした。
1 前提となる事実認識が異なっている
2 結論を導くための考え方、あるべき基準に関する認識が異なっている
3 そもそも根底にある価値観が異なる




この1番です。

前提となる事実の捉え方が違っていると、紛争は簡単に解決できないんですよ。

なんで分かってもらえないのか?

と感じたときには、ちょっと離れた客観的な視点で事実を見つめ直してみてくださいね。


ハーバード流交渉術 必ず「望む結果」を引き出せる!
ハーバード流交渉術 必ず「望む結果」を引き出せる!ロジャー・フィッシャー ウィリアム・ユーリー 岩瀬 大輔

三笠書房 2011-12-10
売り上げランキング : 33514


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

ランキング参加中です→人気blogランキングへ




関連記事
2012/06/07(Thu) | 法律情報 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/611-2117e0bc
-
管理人の承認後に表示されます【2012/06/09 07:02】
-
管理人の承認後に表示されます【2012/06/22 06:42】
前のページ ホームに戻る  次のページ