私が、紙ではなくiPadで本を読むようになった3つの理由
紙




弁護士石井琢磨です。

読書家の友人に、「最近、iPadで本を読んでいる」と言ったら驚かれました。

昨年、iPad2を購入後、読み終わった本は裁断してスキャン、PDF化し、そのうち一部の本をiPad2に入れて、たまに読むようにしていました。
FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A
FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A





そのうち、紙→スキャン→iPad という流れでなく
最初からiPadで読んだ方がスムーズなのではないか?と思い実行してみました。

その結果、今では半分以上の本を、最初からiPadで読む、すなわち、購入後いきなり裁断するようになりました。

1万円以上する本を読みもしないうちから裁断する

最初は抵抗がありましたが、人は慣れるもの。今ではサクサク裁断しています。

私が、なぜ読書の方法を変えたのか。
それは、以下の理由からです。


iPadの方が速く読める。

私は、読書用のアプリとして有名なi文庫HDを使っています。
何十冊もある本からの選択、本棚の分類、ページをめくるスピード。
これらの点で満足しています。
iPad購入前に使っていたソニーのReaderという機械は、これらの点で満足できず定着しませんでした。

紙の本のページをめくるのには、やはり一定の時間がかかります。
私は少しでもその時間を短縮するために指サックをしていますが、それでも時間はかかります。
iPadの場合、触れるだけでページがめくれますので、1ページで0.1秒以上の違いはあります。

これが何百ページ、何百冊と重なると大きな差になります。



iPadの方が引用がラク。


私は本を読んだ後に、後日の引用のために重要部分を抜き出す作業をしていましたが、
i文庫HDでは、重要部分を「しおり」としてチェックし、これをまとめて、Evernoteというクラウドサービスに送ることができます。
その内容をPCでチェックし、コピーペーストすれば、ブログなどで簡単に引用できます。
もちろん検索にも便利。

紙の本では大量にポストイットを貼りまくっていましたが、これも不要になり、ポストイットの消費量が1/50くらいに減りました。
スリーエム社の業績が心配です。


iPadの方が持ち運びが便利。

iPadは重いです。
4月に新型が出ましたが、iPad2よりも重くなったと聞き、購入を見送りました。
立ったまま片手で読むには適していないと思います。

しかし、以前の私は、外出する際に電車内や空き時間に読む本を数冊持ち歩くことが多かったです。
2冊以上持ち歩くならiPadの方が軽いことに気づき、今はほとんど本を持ち歩きません。

結果として、鞄は軽くなりました。


このような点から、読書のメイン形態をiPadに変えました。

いま感じている唯一の不便は、書き込みです。
書き込めるアプリもあると思いますが、書き込みながら読み、アイデア出しに使う本は紙で読んだ方が良いと感じています。
裁断しちゃった後に「この本は書き込みながら使う本だった」と気づいた場合には、紙の本をもう1冊買えば良いと考えています。


以上から、家族で回し読みする本、電車内で立って読む本、エアロバイクに乗りながら読む本、風呂の中で読む本以外は、読む前に裁断しています。


電子書籍もツールやファイル形式が統一されるなら、抵抗なく受け入れられます。
いちいち各出版社、本屋のアプリを入れたりするのが面倒なので、いまだ紙の本を買ってPDF化しています。
何度か電子書籍を買ったことがあるのは、最初からPDFファイルのものでした。


紙の本からiPad読書に移る際、気をつける点があります。

紙の本で読んでいた場合、本棚に、「これから読む本」が大量に積まれていました。
これが増えれば増えるほど、「読まないといかん」と感じるようになり、本を読むようになります。

この効果は重要でしょう。
そこで私は、iPadで読むと言っても、「これから読む本」は裁断後、本棚に積んでいます。

その結果、
本






美しくない。


より早く片づけてしまいたい、そう感じ、読書スピードはさらに上がりました。

これは予想していなかった効果でした。



本を読むスピード、引用、持ち運びに悩んでいる人は、ぜひ試してみてください。

FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A
FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A



電子ブック自炊完全マニュアル
電子ブック自炊完全マニュアル








関連記事
2012/04/20(Fri) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/589-e2bb7cd6
前のページ ホームに戻る  次のページ