示談をまとめるためのヒント
弁護士石井琢磨です。

示談が1件成立してホッとしています。

被害者がいる刑事事件の弁護依頼を受けた場合、わたしたちは被害者と示談交渉をします。

被害を受けてすぐのタイミングだと「示談になんて応じる気持ちになれない」という気持ちの人が多いです。

一方で、示談交渉をしないといけない多くの刑事事件では、被疑者は逮捕・勾留されています。

この場合、法律で、「何時間以内、何日以内に次の手続に進む」と決められているため、そのタイムリミットまでに示談が成立するかどうかで、その後の刑事処分が大きく変わることがあります。

「示談が成立すれば不起訴や罰金になる、示談が不成立なら刑務所」というケースでは、示談を早期に成立させるメリットが、被疑者にとってはすさまじく大きいです。
メリットが大きいことから、被疑者は、より高い示談金でも示談を成立させたいと考えます。

被害者が「示談で解決させたい」と考える場合、被害者にとっても、より高い示談金で示談を成立させることができる、という点でメリットがあります。

さらに、被疑者側が払おうとする示談金はタイミングによって大きく変わるという事情もあります。
被疑者側のメリットが上記のとおり変動するからです。

起訴前に示談することで被疑者がより有利な結果を得られるときには、民事訴訟などで認められる損害賠償金を上回る金額を払うケースもあります。さらには、お金では買えない、法律でも強制できない要求に応じることもあります。
これに対して、刑事手続が進んだ場合、逮捕された直後、つまり初期段階で提示していた示談金が払えなくなるケースもあります。
刑事手続が進んでしまい、示談してもしなくても刑事手続の処分結果がさほど変わらない場合、被疑者・被告人としては示談を成立させるメリットが少なくなります。「どうせ刑務所に行くなら示談金なんて払わない」と言い出すケースです。


このため、私たちが示談交渉をする際には、被害者に「早いタイミングで示談した方が得られるお金は多くなる可能性が高い」と説明するのですが、やはり理屈と感情は異なるもの。
なかなか分かってもらえず、「示談になんて応じる気持ちになれない」と言われることもあります。

客観的にはWinWinの関係にあるのに、感情面で示談を考えられない。


このようなときに話を聞いてもらうためのノウハウは、営業ノウハウから学ぶこともできます。

本当に良い物を売ろうとしているのに話を聞いてもらえない営業。シビアさは違いますが、似ています。

そのため、私は示談交渉をうまく進めるために、営業マンが書いた本をけっこう読みます。


たとえば、こちらの本『人見知り社員がNo.1営業になれた 私の方法』では、学習教材の営業の際のエピソードが参考になります。

人見知り社員がNo.1営業になれた 私の方法
人見知り社員がNo.1営業になれた 私の方法長谷川千波

祥伝社 2011-10-28
売り上げランキング : 1828


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





ちょっとだけ引用します。


その日は、中学生の男の子がいるお宅にお邪魔して、お母様と一緒に学習教材の商品見本を見ていただいていました。スムーズにお話が進んでいたのですが、途中で帰宅されたお父様が突然怒り出し、商談の中断を余儀なくされたのです。

何をどうしようとしても取りつくしまがなく、「帰ってくれ!」の一点張りです。礼儀を尽くしてその場をおさめて商談を続けたかった私としては、大変に悔いの残る結末でした。和気あいあいと話していた場の空気もガラッと一変してしまい、その日はもう帰るほかありませんでしたから。

上司に、状況を伝えると、このように質問されました。「その瞬間の母親と子どもさんの表情は、どんなだったんだ?」
「えっ、お父様ではなく?」
ちゃんと見ていたはずなのに、思い出せません。




著者の長谷川さんは、これを機に、現場のありのままを営業ノートに記載するようにしたそうです。約1年半。


このエピソードのように、示談交渉などの現場でも、まとまりかけている話が他の家族の介入で一気に壊れることはよくあります。

あとサインをもらってお金を渡すだけなんですが・・・というタイミングで示談が破綻すると、弁護士だって泣きそうになります。


複数の関係者と交渉する場合は注意が必要です。


被害者側の家族がたくさん示談交渉の場に来たり、もともと被害者が複数の事件では気をつけないといけません。

複数人との交渉が難航する場合、ネックになっているのが誰の、どういう価値観なのかを感じ取る必要があります。

交渉を何回も重ねる場合、営業ノートではありませんが、やりとりを記録していると、ある人は示談したがっている、ある人がネックになっている、ということに気づくことがあります。
誰からどのような発言があったのか、そのとき周囲の反応はどうだったのか、記録しておくと役立つのです。


さらに、相手の価値観も重要です。

少し前からコンビニで目立っている『図解 バカでも年収1000万円』という、買っている所を知り合いには見られたくない本。

【図解】バカでも年収1000万円
【図解】バカでも年収1000万円伊藤喜之

ダイヤモンド社 2011-09-30
売り上げランキング : 21411


Amazonで詳しく見る
by G-Tools







こちらの本では、年収1000万円を達成するための奥義の一つとして「弱点レーダーチャート」という方法を取りあげています。

人脈づくりの際に、相手が本当に欲しがっているものは何かをチェックしてサポートしましょう、という話です。


この発想は示談交渉でも大事。

相手が最も重視しているのは何なのか?

示談金額?処罰感情?安心感?時間?


ここがずれていると交渉がかみ合わない。

相手の価値観は時間によって変わります


提案する示談内容だけではなく、そのプロセスでも相手の重視する価値観を満たしてあげることで示談がまとまりやすくなります。


示談交渉は、人と人とのやりとり。交渉本ももちろん役立ちますが、営業や人脈、心理学などの本も有益ですよ。

自分で交渉事をしなければならない人は参考にしてみてください。





関連記事
2012/02/07(Tue) | 刑事事件 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/569-794b0673
前のページ ホームに戻る  次のページ