FC2ブログ
『神様の女房』に学ぶ貯金方法
弁護士石井琢磨です。

多重債務の相談がなかなか減りません。

その原因の一つは、収入ではなく、支出に着目する空気ができていたことにあります。

消費者金融など、借金を簡単にできるという空気。

この空気のなかで、人は、収入の中で支出するという原則を、厳密に守らなくてもよくなりました。
収入が不足すれば借金で補える。

その結果、支出に着目した生活を送ってしまいました。

とりあえず車を買う、外食する、子どもに習い事をさせる・・・。

ときには借金で補っていた収入が、まるで自分の収入のように錯覚してしまい、借金の返済よりも支出に着目し続ける生活を送ってしまうのです。

そうすると多重債務に陥る。

これを避けるためにも、収入を見直す必要があります。

最近の家計本でも、収入からまず必要支出を差し引いて、残りで生活するという方法が提案されています。

これは、昔から使われていた方法でした。

最近NHKでドラマ化された『神様の女房』には次のような記述があります。


家計を守っていく上で、一番大切なことは、収入第一にすることです。
支出は収入があってこその支出。
収入より支出が超さないことが原則です。
そのためには、先に必要なお金は抜いて分けて、先に払ってしまう。
それで残ったお金を貯金するんです。そうしないと貯金はできない。



神様の女房
神様の女房




「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助氏の奥様ですら、新婚時代には、収入に着目して生活をしていたのです。
支出が増えがちな方は、一度、神様一家の真似してみてはいかがでしょうか。


関連記事
2011/10/12(Wed) | 借金問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/535-61f3e0de
前のページ ホームに戻る  次のページ