結婚詐欺師クヒオ大佐に学ぶ騙されないコツ
弁護士石井琢磨です。
今回の台風では小田原のファミレスに6時間半こもっていてエコノミー症候群になりかけています。


先日、移動中に『クヒオ大佐』という映画を観ました。

クヒオ大佐 [DVD]
クヒオ大佐 [DVD]



実在した結婚詐欺師の話です。

結婚詐欺とは、結婚を匂わせて、お金をだまし取る手法。

法律上、詐欺罪の対象は、財物や財産的権利に限られます。

女性の貞操は詐欺罪の対象外です(態様によっては準強姦罪)。

上記の『クヒオ大佐』では、「クヒオ大佐」と名乗る人物は、アメリカ軍とは無関係なのに身分を偽って複数の女性に近づきます。
女性はこれを信じてしまう。
その手口は、軍の身分証明書を偽造したり、軍の基地入り口まで送らせたり、結婚すれば5000万円の結納金が出ると説明するというものでした。

人は知らない世界の話だと疑いにくい。
疑うきっかけを見つけにくいのです。

アメリカ軍についての知識など普通の女性は持っていないため、だまされてしまうのでしょう。

また、映画の中で被害を受ける女性は、経済的な問題や男女問題が原因で精神的に不安定な状況にある点が共通していました。

誰しも弱っているときは騙されやすいのです。

この映画から得られる教訓として、弱っているときは判断を先送りする、知らない世界の話は裏付けを取る、ことが大事であることがわかります。

みなさん、大佐にだまされないように。


ランキング参加中です→人気blogランキングへ


関連記事
2011/09/22(Thu) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/531-f057b7f1
前のページ ホームに戻る  次のページ