トラックアート雑誌を読んで心配になったこと
弁護士石井琢磨です。

お客さんから本を勧められることがあります。たいてい買います。

自分と全く関わりがない分野の本だと、衝撃を受けることがあります。

今回、お客さんのお気に入りという雑誌を購入。

『カミオン』


トラック









トラックにアートを施すという雑誌です。
そんなことをする人がいるのか、と思いきや、全国のアートトラックが紹介されています。

「アートが絆のライバル・バトル 荒波丸 vs 陸斗丸」
「深夜0時の生鮮特急を捕獲せよ」
「道連れフォトストーリー」
「トラックフォトギャラリー」
など、特集タイトルも刺激的。

ご当地ヒーロー








こんな雑誌も存在するんですね。知らない世界をのぞき見てしまった。



雑誌を見るときに、もう一つチェックするのが広告主。
この雑誌では、トラックのパーツ屋さんのほか出会い系サイトの広告が目立っていました。


これを見て、パチンコ攻略法の雑誌広告と同じような不安感に襲われました。

法律用語で、不確実な事項を確実だと伝えることを「断定的判断の提供」と言います。
金融商品を勧誘する際に、「必ず値上がりします」「儲かります」と言うことなどが当てはまります。


出会い系サイトの広告って、「断定的判断の提供」だらけですね。


「絶対にハズさない」「出会い放題」「即アポ」「本当に会える」


みなさん、断定表現にだまされないように。



ランキング参加中です→人気blogランキングへ
関連記事
2011/09/08(Thu) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/527-8666e244
前のページ ホームに戻る  次のページ