声ヂカラで詐欺がなくなる日
弁護士の石井です。

裁判所の証人尋問で次のような証言があったとしましょう。

「彼は、何も言わずに右手で私の顔を殴ってきたんです」

もし、このような証言があったら、裁判所の記録には、文字でそのまま残ります。

ですから、証言では「何を」言うのかが非常に大事です。


ただ、多くの民事裁判では、争点を特定してから最終段階で証人尋問をするので、判決を書く裁判官が証人尋問を聞ききます。
この場合、「何を」言うのかと同じように、「どのように」言うのかも大事です。

「彼は、何も言わずに右手で私の顔を殴ってきたんです(笑)」

とか

「彼は、何も言わずに右手で私の顔を殴ってきたんです♪」

のような口調で言うと、それを見ている裁判官の意識には

「この証言、本当か?」
と疑問が湧くはずです。

証言態度が重要。

さらに、証言態度と同じように、裁判官の意識に働きかけるのが、

どのような声か


というポイントです。

声にも感情が出てしまう(ように聞こえる)ことはよくあります。

打ち合わせのときと違う声で証言してしまう人。
声がうわずっていて、嘘くさい声で証言してしまう人。

法廷で、本当の声を失ってしまう人がいるのです。そのために、証言が微妙に疑わしくなってしまうことがあるのです。

声に感情が出るのだと思い出させてくれた本が声ヂカラの本。

「自分」が伝わる声ヂカラ
「自分」が伝わる声ヂカラ




ボイストレーナーの大槻水澄さんのこの本で、「声にはすべての情報が詰まっている」ということに気づかされました。
声の悩みを持っている方は読んでみると良いでしょう。
証言台に立つ前にも読んでおくと良い心構えができると思います。



さらに、この本では、恐るべき主張がされていました。





声の感度を上げていくと、







koe












オレオレ詐欺が防げる!?



そのロジックは、

人の話を聞くときに、相手の感情に意識をフォーカスしていると、声に対する感度が上がる

相手の声から感情に気づく

詐欺師の声から悪意に気づく



これだけニュースが流れても、なくならない振り込め詐欺。
その解決のヒントが、声にあったとは驚きです。

詐欺師の演技を上回る声ヂカラを身につけていきましょう。




ランキング参加中です→人気blogランキングへ







関連記事
2011/07/28(Thu) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/514-35557519
前のページ ホームに戻る  次のページ