地デジに関する詐欺
弁護士の石井です。

地デジへの完全移行が迫っています。

何かが変更になるときに、便乗して詐欺事件が起きます。


既に地デジに関する詐欺事件は発生し、各市町村のサイトなどで警告がされています。

「地デジ放送接続料請求書」という架空請求。
「地デジ切り替え助成金」が支給されるので、そのための手数料を振り込むよう請求。
「地デジ対策委員」が家に来てテレビをいじったふりをして工事代金を請求。

総務省やNHKを名乗ったという事件もありました。


よくわからないときは、現金をその場で支払わないこと。

これしかありません。

支払は先に延ばし、調べてから払う。
まともな業者なら、文句は言わないでしょう。


業者が訪問してきて家に勝手に入ってきた→住居侵入罪
家に入った業者に対して「帰って欲しい」と言っているのに帰ってくれない→不退去罪

強引な業者の行為は、刑事事件にもなりうるもの。
怪しい場合には、警察への連絡も検討しましょう。


関連記事
2011/07/22(Fri) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/511-17b27c46
前のページ ホームに戻る  次のページ