計画停電時の電話
弁護士の石井です。

事務所は、17日から通常どおり業務を再開しました。
暖房を使っていないので、相談にいらっしゃる際には、厚着してきてください。
私もコート着ながら業務しています。

16日までは、早朝に電車と停電の様子を見ながら、スタッフ全員にメールを送っていたのですが、
1名に届いていなかったようで、16日に1人出勤させてしまいました。
一番、遠い所に住んでるスタッフが。

事務所のメールアドレスからドコモのケータイにメールを送ると、届かないことがあるんですね。

メッセージは届いてこそ意味があります。
発信主義ではだめだと実感。

先週は停電の予定が不安定なので、相談希望者には個別に連絡をして意思確認をさせていただきました。

地震前に法律相談の予約をした人は、予約時とは大きく環境が変わっていますからね。

しかし、連絡を取れない方もいます。
何度も連絡しても電話に出ず、留守番電話にもならない。


来るのか、来ないのか・・・?来ても停電だ。そもそも無事?

と不安になりながら、待っていることもあります。

メッセージが届かない以上、待つしかない。

というわけで、予約をした皆様、事務所からの電話には出てくださいね。


また、計画停電第1グループの時間帯に、事務所に電話をすると

「この電話番号には、機械が接続されていないか故障している可能性があります」

というアナウンスが流れてしまいます。


これは、停電、という趣旨ですので、時間外にかけてもらえればつながります。

こちらからもメッセージを投げかけます。みなさんからもお願いします。


関連記事
2011/03/21(Mon) | 事務所について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/480-fe8b4609
前のページ ホームに戻る  次のページ