武富士
消費者金融の武富士が会社更生法を申請する予定であるというニュースが流れました。



予想より早い倒産だな、と感じました。



残念ながら、現時点で現金として回収できていない過払い金については、判決が出ていても、和解が成立していても、裁判中でも、全額の回収は難しいでしょう。

過払い金が特別扱いされない限り、今後、報道どおりに会社更生法の手続が進められる場合には、そこで決められる割合分しか返ってこないでしょう。



今日、借金相談に来られた方も、「請求するなら早い方が良いんですよね?」と聞いてきました。





相手方に倒産リスクがある以上、どんな権利であっても、早く請求した方がリスクは減ります。



消費者金融の中には、他にも危ないと言われている会社もありますから、早く請求した方が結果論として良かったという場合はあります。

逆に、弁護士の中では倒産しそうと言われながらも、経営を続けている業者もあります。



私の担当していた武富士相手の事件でも、裁判期日で判決を求めたのに、裁判官が「もう少し相手の主張を聞いてみよう」と言って、続行されてしまった事件があります。

あそこで弁論が終結されていれば、回収できたというタイミングでした。結果論としては。



早く請求した方が良いかどうかは、結果論なので、わからないです。

ただしリスクは減ります。



リスクという点では、過払い金よりも、悪質商法であるとか詐欺業者の方が遙かに高いです。法的な手続を取らずに逃げてしまうこともあります。

一般の売掛金であっても、取引先によってはリスクが大きい。個人も同じ。



そういう相手に対して権利を持っている場合には、早く動いた方が良いのです。



「やろうと思っていたんですが、何となく1年が過ぎてしまいました」という人も結構います。

人の生き方なんて、それぞれなので、皆さんの判断で動くタイミングを遅らせることは構いません。

ただ、何の理由もなく決断を先送りすることは、良いことなのでしょうか。



私自身、本来、決断を先送りするタイプです。

歯医者に行こうか、まあ良いか、来年で。というタイプです。

基本スタンス:様子見です。



ただ、今年に入って、ウダウダと先送りにしていたことを始めてみました。すると、自分の周りの世界が色々と変わり始めました。

なんで決断を先送りにしてきたんだろう、と過去の自分を情けなく思っています。



今は、歯医者も定期検診に行くようになりました。



何かを悩んでいる人は、なんで決断を先送りにしてきたんだろう、なんて後悔しないように、理由もなく先送りするのが良いことなのか考えてみてください。







ランキング参加中です→人気blogランキングへ






関連記事
2010/09/27(Mon) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/432-defaf63f
前のページ ホームに戻る  次のページ