借りられないからヤミ金から借りるという発想
18日から総量規制が始まります。



収入の3分の1までしか借りられないという規制です。

住宅ローンや銀行からの借入れは除きますが、消費者金融、クレジット会社などからのキャッシングは対象になります。



この調査のため、一定額以上の借金をしている場合には、収入証明を貸金業者に提出しなければならなくなります。

配偶者の収入をあてにした借金の場合には、配偶者の同意も必要になってきます。





要するに、一定額以上、借入がしにくくなったということです。

現在、この3分の1ラインを超えてしまっている方は、追加融資が受けられなくなるということです。

借りては返してと繰り返していた方は、借りられないため返済に行き詰まることになってしまいます。





借金が返せないという苦しい状態になったとき、気をつけなければならないのが、状態を悪化させてはいけないということ。





苦しい状態につけこんで、詐欺業者やヤミ金業者が勧誘してくる可能性があります。



ショッピング枠を現金化するなどと言って、商品を購入させて騙し取っていくという事件は多数発生しています。



消費者金融から借りられないからといって、ヤミ金業者に手を出したら、破綻します。

ここでいう破綻は、あなた自身の経済的な問題だけではなく、仕事や家庭の破綻も含みます。

私はヤミ金に手を出した人を多数見ていますが、1業者からの借入だったつもりが、あっという間に何社にも増えしまう人がほとんどです。返済日が近くなると、他のヤミ金業者から電話がかかってきて、勧誘されるのです。その繰り返し。あなたの連絡先は、別の業者に流されているわけです。

法律的には、ヤミ金業者からの借金は違法性が高いため返す義務はないとされていますが、実際には、法律を無視した存在。職場や家族に何度も督促の電話をかけてきます。クビになる人もいますし、家族から捨てられてしまう人もいます。

借りるときにだけ優しいソフトヤミ金なる業者もいるそうですが、督促は厳しいです。





万一、臨時収入があって、ヤミ金業者からの借金が返せたとしましょう。

その後、あなたの連絡先は他のヤミ金業者にまわります。しばらくすると、ヤミ金業者から連絡が入り、「もう1回借りてよ」「つきあえよ」などという勧誘がおこなわれます

そして結局破綻するということになってしまいます。



ヤミ金業者から借りるというのは、最悪の選択肢だと考えてください。



報道で、総量規制が施行されたら何パーセントかの人はヤミ金から借りると回答したという話を聞きました。借りた後の実態をわかって回答しているのか疑問です。破綻は必至です。



ヤミ金業者から借りることは、単なる逃げです。

逃げようと考えていると、普段なら信じないような騙しを信じ込んでしまうこともあります。



「3分の1までしか借金できませんよ」というこの総量規制は、逃げないで現状をみなよ、という国からのメッセージです。

現状をみれば、所詮はお金の問題ですから、きっと解決できます。





ランキング参加中です→人気blogランキングへ



ツイッターやっています。http://twitter.com/takuma141


関連記事
2010/06/15(Tue) | 借金問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/396-837b1d6e
前のページ ホームに戻る  次のページ