いらない物をつい買ってしまう

私の周りに、バーゲンセールに行っては、いらない物を買ってくる人がいます。



安いからといって、必要ないのに買ってしまう。

借金問題で相談に来られる方のなかにも、このように必要がないのにお金を使ってしまう人がいます。



私自身は、あまりバーゲンに行くことがないため、なかなかこの感覚がつかめませんでした。



ところが、物を手に入れる際に必要なものを「お金」から「時間」に置き換えたところ、よく実感することができました。





ビジネス書を読むとよく書かれているのが、「時間をお金で買いなさい」という主張。

刑事事件の国選弁護事件などでは、警察署などに行く際の交通費は出ますが、特急料金は出ません。しかし、自腹で特急料金を払って、時間を節約し、その時間をさらに有効に活用することができるのです。これが時間をお金で買うということ。





この話に関連して、先日、知人の整体師たちと飲んだときの話をします。



彼の整体院では、30分いくら、という料金設定をしているところ、彼は人が良いので「つい5分くらい余計にやっちゃうんだよね」と言っていました。

多くの人にとって、これはサービスですが、ときにはサービスにならないこともあり得るのです。



その場に居合わせた友人は「30分ピッタリでやって欲しいっていう人がいたらどうするんだ?予定が入っていたり」と指摘。



私も「30分から5分増えた整体で、どれくらいの効果が出るかって話よ。それを5分の時間を手放してでも得たいと思うかということ。時間単価が高い自営業者とか医者とかは、むしろ60分の整体で得られる効果を30分でやってくれよ、そしたら60分ぶんの料金を払うよ、と考えるんじゃないか?」と指摘しました。飲み会なので言いたい放題。



後日、彼の整体院に行って60分コースをお願いしたら、ピッタリ60分で終了

自分で言っておいてなんですが、損した気分。理論と感覚は違うのです。





「いらない物を買ってしまう」という話に戻します。このように世の中には、程度によって、お金よりも時間が大事と考える人がいるということです。

どちらかというと、私もそんな考えに近いです。



この連休に、厚木では「神奈川フードバトルinあつぎ」がおこなわれました。

昼頃に、ツイッターで、現場の状況を確認すると、ほとんどの店舗に行列ができていて、人気店舗では120分待ちとの話。

120分あったら、神奈川県内のほとんどの場所に行って、現地のフードを買えば良いんじゃないか、と考えてしまう私。



そんなに人が集まっているなら、と興味本位で15時過ぎに会場に行ってみました。

すると、結構人が少なくなっていて、人気メニューと言われていたものも、並ばずに買えるという状態でした。

数時間前には、120分待ちと言われていたメニューが0秒で買える



時間のバーゲンセールですよ。





これはお得だ



安い(時間が)。



買わないと損だ(時間が)。



という発想になってしまい、次々と6品を購入してしまいました。



食べきれない。



苦しい。



夜まで苦しみました。





これが主因だと思いますが、連休中に2キロ太ってしまいました。

健康状態を取り戻すために、一定時間運動が必要になってしまいました。



ここで余計に時間がかかるわけですね。




「他の人の意思決定を分析する時には、その人がこういう性格だからこの選択をしたのだろう、と性格について考えるよりも、その人の置かれた状況について深く考慮すること。」『まさか!?』より


まさか!?―自信がある人ほど陥る意思決定8つの罠
まさか!?―自信がある人ほど陥る意思決定8つの罠






まさに、バーゲンセールの「状況」、浪費の「状況」を考慮しなければならない、そう誓った連休でした。




ランキング参加中です→人気blogランキングへ

ツイッターやっています。http://twitter.com/takuma141


ちなみに、話に出てきた整体院では、5月28日まで10周年のスタンプサービスをしているとのこと。

厚木にお住まいの方で、疲れている方、体が曲がっている方は行ってみてはいかがでしょうか。

このブログを見た、と言えば、通常5分余計にサービスしてくれるところ、きっと6分くらいのサービスになるでしょう。





関連記事
2010/05/09(Sun) | 借金問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/386-d3990e6a
前のページ ホームに戻る  次のページ