最高裁平成22年4月20日判決
平成22年4月20日、利息制限法の計算方法についての最高裁判決が出されました





利息制限法という法律で、お金を貸したときの利率の上限は次のとおり決められています。



 元本10万未満→年20%

 元本10万以上100万未満→年18%

 元本100万以上→年15%



一度だけお金を貸したというケースでは、貸した金額が元本ということでわかりやすいのですが、貸し借りが継続していると、そもそも元本ってなに?という問題が出てきていました。



サラ金、消費者金融、クレジットカードのキャッシングでは、最初に契約を結んだあと、カードを使うなどして、続けて借りたり返したりできてしまいます。

上記の利息制限法で決められた利率を超えた高い利率設定がされている場合、弁護士などが入って整理すると、グレーゾーン金利の精算をおこなうことになります。



そのなかで、取引によっては、業者が設定した利率をもとにした計算で、途中から元金が100万円を超える場合があります。


100422-1










この取引を利息制限法で計算し直す場合、当初は元本20万円のため18パーセントで計算をしなおします。

その後、業者の設定利率では100万円を超えるのですが、18パーセントで計算をしなおすと元金が100万円を超えていません。

この場合に、業者の設定利率による計算をもとに、途中から100万円を超えた契約として年15パーセントで計算できるかどうかが争われていました。

100422-2



100422-3















途中から年15パーセントで計算できた方が消費者にとっては有利。

実際に、このような計算を認めた裁判例や、もっと進めて限度額を基準にして利率を決める裁判例もあり、うちの事務所でもこのような内容の判決をとっていたのですが、今回の最高裁判決はこれを否定。

全部18パーセントで計算しなさいよ、という判断です。

残念ですね。



最近では、利息制限法のことを何となく調べて来所される方がいて、「100万円以上なら15パーセントなんですよね?」と聞かれることもあります。

これに対しては、計算してみないとわからない、という回答になってしまいますね。

見かけ上は100万円以上の借金があっても、計算してみたら1度も100万円以上にならないということが出てくるわけです。


最高裁判決での該当部分です。
「従前の借入金残元本の額は,有効に存在する利息の約定を前提に算定すべきことは明らかであって,弁済金のうち制限超過部分があるときは,これを上記基本契約に基づく借入金債務の元本に充当して計算することになる。

そして,上記取引の過程で,ある借入れがされたことによって従前の借入金残元本と新たな借入金との合計額が利息制限法1条1項所定の各区分における上限額を超えることになったとき,すなわち,上記の合計額が10万円未満から10万円以上に,あるいは100万円未満から100万円以上に増加したときは,上記取引に適用される制限利率が変更され,新たな制限を超える利息の約定が無効となるが,ある借入れの時点で上記の合計額が同項所定の各区分における下限額を下回るに至ったとしても,いったん無効となった利息の約定が有効になることはなく,上記取引に適用される制限利率が変更されることはない。」







ランキング参加中です→人気blogランキングへ



ツイッターやっています。http://twitter.com/takuma141



関連記事
2010/04/25(Sun) | 過払い | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コメント
--こんばんは--

お疲れ様です。ご多忙そうですね。私も3年前に過払い金請求をしたことあります。借入金額がすくなかったので2~3万円程度でした。また訪問させて頂きます。追伸:ランキングもポチしておきました。
by: おにぃ@派遣営業マン * 2010/05/08 23:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/383-2365b405
前のページ ホームに戻る  次のページ