支部総会 スタッフ弁護士


本日、県西支部の臨時総会が開かれました。

今年に入って3回目、この半年で4回目の総会・・・



法テラス小田原にスタッフ弁護士を導入することについての支部の意見について。



県西支部は、神奈川県の中でも刑事事件の数の割には弁護士が少ないと言われている地域。

被疑者国選事件の対象が拡大されると、支部の弁護士だけでは事件をこなすことができないのではないかと言われています。

前回の支部総会にも、一部の警察署という扱いになるかもしれないが本部からも応援するからと言われていました。



小田原には法テラスがありますので、数が足りないならスタッフを導入すれば良いではないかという議論。

導入するか決めるのは国なんでしょうが、支部でも意見を集約しておこうという総会でした。



結論としては、反対ということになりました。





スタッフ弁護士というのは国に雇用されて給料をもらっているから、そういう弁護士が検察官と法廷で真剣に弁護活動できるのか、という高尚な意見から、私のように、スタッフ1人入れたって、それだけでラクになるわけないでしょ、という無気力な反対意見まで色々意見が出されておりました。



まあ、議論の前提の数字が固まっていなかったり、制度が動いてみないと、皆さんどれだけの事件をこなせるのかわからんという話だったりで、いまいち焦点が合っていなかった感がないではありませんが現状では仕方ないでしょ。



個人的には、被疑者国選の対象拡大というのは、一方で当番・扶助のラインが消えると考えているので、あとは弁護士に余計な手間をかけさせる変なシステムにならなければ、本部の応援も受けて何とかなるんじゃないかと思っています。

大変な制度なんだから、システムは合理化してもらいたいものです。



ただ、それ以外に、裁判員裁判は大変そう。

勉強会に出たら3日連続で日程確保とか言われて、そんな日程確保できるの何ヶ月先だよ・・・という感じでしたし、否認事件だったら労力も半端じゃないでしょう。数日はかかりきりでしょう。

1回やったら、もう刑事弁護はいいですって気持ちになりそうな予感がします。





一番良いのは、国選報酬を上げて適正額が支給されれば、まわらないなんてことはなくなるんですがね。

国選報酬が10倍になったら、どんな事態になるのか見てみたいものです。









人気blogランキングへ






関連記事
2008/04/24(Thu) | 弁護士日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/38-c25c8313
前のページ ホームに戻る  次のページ