岐路での決断
東京地裁に行くために、ロマンスカーに乗ったところ、最前列の席でした。



仕事の手を休めて、少しだけ前を見てみました。



当然ながら電車はレールの上を走る。

1本のレールが通常車両用と特急用の2本に分かれ、通常車両を抜いていく。

その後、1本のレールに戻る。





仕事で事件に関わっていると、人生の大きな岐路に立たされた方によく会います。

どっちの道に進むのが良いのか、法律相談とは全く関係なく、人生相談のような話をされることもあります。



多くの場合、結果なんて行動してみなければわかりません。

大事なのは後悔しないこと。

そのためには、主体的に決める。

自分の判断に責任を持つ。



どっちのレールを選んでも、いずれ1本のレールに戻ったり、目的駅には着くと思います。

それぞれのレールにメリット・デメリットはあるのです。

特急だって、信号で止められることがあるのです。

100119








そう割り切って、主体的に決めてみてはいかがでしょうか。





先日、友人や場の雰囲気に流されて二次会に行って、大いに後悔した男より。



ランキング参加中です→人気blogランキングへ





関連記事
2010/01/19(Tue) | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/341-1857e993
前のページ ホームに戻る  次のページ