相続放棄で3か月過ぎている場合
「3ヶ月以内」

最近、説明している相続放棄のお話。


プラスの財産もマイナスの財産も相続を放棄するためには
相続の開始があったことを知った時から3か月以内にしなければいけない
と決められています。


うちの親が亡くなってから、もう3ヶ月過ぎてるよ

と思った方。


早とちりしないで下さい。

3ヶ月は、必ずしも亡くなった日から3ヶ月という趣旨ではありません。
3ヶ月のスタート時点は、人によって違います。

例えば、海外にいるなどして、亡くなったことを知らなかった場合には、スタート時点が遅くなります。


スタート時点は
「相続の開始があったことを知った時」

この言い回しは、解釈で動かせる余地がある。


「3ヶ月」というのは、客観的な数値で、ほとんど動かすことができない言い回しです。

しかし、「相続の開始があったことを知った時」って、結構あいまいなのです。
まず、人によって違います。海外にいた場合など、その人だけ、そもそも亡くなったことを知らないということがあります。
また、「相続の開始」「知った」ってなんだ?とつっこめます。

3ヶ月経過後に請求書が送られてきて、「じつは多額の借金があった!」という場合などに、相続財産に手を付けていなければ相続放棄が認められることもあります。

「借金があるとは知らなかった」ので、相続の開始を知らなかったと考えて救済しているケースです。


スタート時点をずらす。


このような救済方法は、相続放棄だけではなく、クーリングオフ、消費者契約法の取消、時効期間など、結構多くの場面で使われます。

「もう過ぎてるよ」とあきらめる前に、つっこんで調べてみるなり、専門家に相談してみるなりしてみてはいかがでしょうか。



ランキング参加中です→人気blogランキングへ



関連記事
2009/12/17(Thu) | 相続 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/309-80a95d28
前のページ ホームに戻る  次のページ