弁護士バー

弁護士は敷居が高い。



私が弁護士になった頃はそう言われていました。

私は、敷居は下げなきゃ、と思っていますし、そう思っている若手も多い。




弁護士バーのニュースが話題になっています。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/091129/trl0911292206003-n1.htm



記事によると弁護士バーとは以下のようなものだそう。



弁護士がバーテンダーになって酒を振る舞いながら法律相談もする「弁護士バー」。



このバーが、弁護士法に抵触する疑いがあるとして弁護士会が注意の文書を出すそう。

私が、このバーの話を最初に聞いたときは、バーテンダー弁護士と打ち解ける場所と聞いていました。

やはり敷居を下げるのが目的のようです。

バーなんてほとんど行かない私としては、なんじゃそりゃ?と思いましたが、法律相談も別室でするんですか?

ますます、なんじゃそりゃ?



同じ記事によると、弁護士会側の言い分は次のとおり。

二弁の味岡良行副会長は「顧客が弁護士に法律相談をすることを容易にする時点で事実上の仲介業務」と指摘。





弁護士法72条は、弁護士でない者が、報酬目的で法律事務の周旋をしちゃだめよって決めている条文です。



ざっくりした要件としては

・弁護士でない者

・法律事件に関する法律事務の取扱を周旋すること

・報酬目的

・業としてなされること

が禁止。



私が事務所を設立した頃、過払い金の相談があるというので話を聞いてみたら、

「過払い金のお客さんを定期的に紹介するので受けてくれませんか?

 うちはお客さんから報酬もらいますから」

という某団体からのお誘いでした。

弁護士法に正面衝突してますよ。





今回の問題で、バー経営者側は「法律事務の取扱」ではないと主張しているそうです。

とすると、このバーで、誰がどの程度のことをやるのか、という問題でしょうか。

弁護士が夜の街で副業バーテンダーやってるだけなら、この条文には引っかからないですよね。

弁護士の敷居を下げるという出発点は非常に良いと思いますので、あとはシステムがどうなっているか。



このバーって、実際にオープンしたら、どういう人が行くのでしょう。

真面目に相談したいという人は、夜間に対応している法律相談も増えていますから、そっちに行けば良い。

そうすると、酒飲みながら「弁護士マスター、あれ、どうなのよ?」と友人ノリで相談したい、という人か、弁護士と知り合っておきたいという人か。

法律相談をするという別室は本当に使われるんですかね





(独り言)

そういえば、数年前に厚木市内のカフェで、「毎月第○●曜日に弁護士が法律相談に応じます」という貼り紙を見かけた気がします。



ランキング参加中です→人気blogランキングへ




関連記事
2009/11/30(Mon) | news | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/292-bb5595b7
前のページ ホームに戻る  次のページ