アエル民事再生


消費者金融のアエルが民事再生法の適用を申請したとの報道がされています。



http://mainichi.jp/select/biz/news/20080325k0000m020156000c.html



昨年のクレディアに続いて大手消費者金融が民事再生手続を利用することになりました。



アエルは、昨年に更生手続を終了したばかり。



グレーゾーン金利によって生じる過払い金の返還請求が増えたことが理由かのような報道がされています。



クレディアと同様に、同社に対する過払い金の返還請求は、民事再生手続に従うことになってしまう可能性が高いです。

過払い金の処理がどうなるか不明ですが、決定が出た場合には、早めに取引履歴の取り寄せをして期間内に届け出をしておく必要があります。





多重債務者の中には、クレディアやアエルに対する過払い金がある一方で、他の消費者金融に対して借金が残ってしまう方が結構います。

過払い金が返ってくれば、他の借金も返済できる状態なのに、救済が困難になってしまうわけです。

「1年早く来てくれていれば何とかできたのですが・・・」と答えざるを得ないことが最近何度かありました。





この2社以外でも、○○社の経営はどうなの?というやりとりが弁護士間の情報交換でもされるようになってきています。

和解をしたのに入金がないという話も聞くようになりました。

過払い金を返すよう求める裁判では、取引の分断のように法的な問題点で争われることもありますが、相手業者の資力が一番の争点になることも増えてきています。



うちの事務所でもなるべくスピーディーな対応ができるよう努力しています。







人気blogランキングへ



関連記事
2008/03/25(Tue) | 過払い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/29-8b03f91a
前のページ ホームに戻る  次のページ