FC2ブログ
内容証明郵便

内容証明郵便で送った方が良いって聞いたんですけど



相手に対して、どういうアクションを起こすかという相談時に、たまーに出る質問です。



内容証明郵便とは、相手にこういう文書が届きましたよということを証明してくれる郵便方法です。

本来は、文書が届いたこと自体を争われるとマズいという場面に使うもの。



例えば、期間が決められているクーリングオフ、消費者契約法の取消、遺留分の請求、時効にかかりそうな場合の請求など。

また、文書が届いた時期によって効果が変わる可能性がある相殺や債権譲渡など。

こういう場面で使うものです。



ただ、それ以外にも、届いたこと自体を証明するので、相手にプレッシャーがかかるという効果もあるようです。

普通郵便で通知を出しても連絡してこなかった人が、内容証明で通知を出すと連絡してくるということはあります。

この効果を狙って、請求書を内容証明で送ることはあります。

こちらの場合には、相手がどういう性格かによって、内容証明で送った方が良いか変わりますね。



証拠に残す必要もなく、普通郵便でも内容証明でも同じ反応の相手なら、内容証明を使わなくても問題ありません。





内容証明郵便を郵便局に持ち込むときは、行数や列数に制限があり、枚数ごとに代金が変わります。

内容証明を作って下さいという依頼を受けた場合、たくさん書きすぎると、郵便費用が高くなってしまうのです。

いかにシンプルに書くかが大事



内容証明以外でも裁判所に出す準備書面など、長い文章の方が良いと思っているお客さんが結構います。

しかし、多くの事件では、無駄を省き本質をついた書面の方が良い。私はそう考えています。



ランキング参加中です→人気blogランキングへ



関連記事
2009/11/23(Mon) | 法律情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/285-db3b1180
前のページ ホームに戻る  次のページ