法律家のためのITマニュアル

「法律家のためのITマニュアル」を弁護士会の書店で見つけ衝動買い。

法律家のためのITマニュアル
法律家のためのITマニュアル







日弁連の弁護士業務改革委員会が編著ということは、11月20日から松山で開かれる日弁連シンポの「ここまでできる、インターネット」分科会の内容と相当重なっているのではないでしょうか。分科会の説明と、この本の目次が相当重なっています。





この本では、いわゆるITハック系の本に書かれている内容から、法律事務所でしか使わないであろう情報まで幅広く取り上げられています。

特記すべきは、色々な設定方法が、かなり細かく写真入りで説明されている点。



今年、私にとって欠かせないツールとなった、ScanSnapについても

パソコンに接続している写真

原稿をセットする写真

ボタンを押す写真

スキャンが終了したところの写真

など、こんなに細かい写真いるのかよ、とつっこみたくなるほど写真が多いです。

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500








うちでは業者に頼んでいるLAN設定、複合機からFAXをPDF受信する設定方法などもかなりページを割いて説明しています。





法律事務所でしか使わないであろう情報については、私も見落としていた情報がいくつかあり参考になりました。



たとえば、

裁判所の

保管金電子納付のための登録・照会システム

http://www.ns-shinsei.courts.go.jp/h_index.html



事前に一手間かけることで、今後の時間を節約できる可能性が高い。

さっそくチャレンジしてみます。



ほかにも過去に導入を試みて挫折したものが詳しく載っていたので、再チャレンジしてみます。





ブラウザのブックマークもバックアップを取れ、などと「ちょっと古いのでは?」という記述もありますが、ほとんどの箇所は参考になると思います。

(私の場合、ブラウザのブックマークはXmarksというツールを使うことで、利用している全てのパソコンで自動同期できるのでバックアップは不要。)





ITをうまく使うことで、生産性を上げたいものです。

事務所全体、弁護士全体、法曹界全体の生産性を。

そこから生み出せた時間を使って、みんなで頭を使えば良い。



事務所を立ち上げたばかりの方で、ITについてよく分からないという方、一般的なITハック系の本は読んでいるが法律情報入手についての情報を得られていない方は目を通しておいた方が良い一冊です。



人気blogランキングへ



関連記事
2009/11/16(Mon) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/278-94f16ecf
前のページ ホームに戻る  次のページ