予防→インフルエンザだけでなく

インフルエンザになってしまったので、キャンセルにして下さい



相談や打ち合わせのために来所される予定のお客さんからのキャンセル。

この1か月で3人目です。



この前、季節性インフルエンザの予防接種を受けました。

新型ではなく、季節性のインフルエンザの予防接種でしたが、私が受けた医院では、

今年は、昨年受けた人しか受けられません。しかも、在庫がなくなり次第受付できなくなります」と説明されました。



供給量もすこし減っているようですが、予防への需要がおおきく増えているようですね。

となりの市に住んでいる知人も、市内の医院すべてに電話したのに、受け付けてもらえなかったそうです。



季節性インフルエンザは毎年あるはずなのに、なぜ今年だけ予防したい人が増えるのか。



連日、インフルエンザに何人感染したとか、どこで何歳の人がなくなったとか、メディアが報道しているから、でしょう。

しかも、今年は、新型の話題で、早い段階から、インフルエンザという言葉がメディアに流れていました。



恐怖が人の頭に植え付けられています。



いつもは面倒がられる「予防」も、植え付けられる恐怖によって、行動に結びつけられるのですね。



恐怖によって人は動く。



ある問題を事前に防ぎたいと考えた場合、その問題によって生じる恐怖を定期的に知らせることができれば、人は予防しようと思うのではないでしょうか。





例えば、お年寄りが被害に遭いやすい未公開株詐欺。

ふたたび被害件数が増えているとのこと。

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20090915_1.html

私も、先日、あまりにも痛々しい事件の相談を受けました。



この手の詐欺事件では、業者側が逃げてしまうことが多く、法律で勝てるかどうかより、

現実にお金を取り戻せるかどうかが争点になってしまうことが多いです。

業者が逮捕されても、被害が回復できない場合が多い。



これも予防が大事。



お年寄りが接するメディアや、被害に遭うまでのプロセスで、財産が紙きれになる恐怖を伝えてみたら、予防できるのではないでしょうか。

あなたの周りの大事な人が被害に遭いそうな場合には、あなた自身がメディアの役割を果たせます。



人気blogランキングへ


関連記事
2009/10/28(Wed) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/260-8092f386
前のページ ホームに戻る  次のページ