ゴミの分別とプロフェッショナル
厚木市のゴミの分別方法が変わりました。

今まで分別していなかったプラスチックなどを、分別しなければいけなくなりました。

http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shinsystem/index.html



2年前の夏に、相模川でバーベキューの片付けをしている際、横浜市に住む友人から「厚木市は、プラ分別してないの?」と嘲笑われました。

ようやく実施されました。



市内に住む私の母親は、分別方法の事前説明会にも出席したとのこと。

以前に我が家に遊びに来た際にも、お菓子の袋を指しては「これはプラスチック、これは紙」などと、既に頭が分別モードに入っていました。

やる気ありすぎです。



そして、とうとう明日から新分別方法が実施。

ゴミの分別って、実践してみると、大変ですね。

そのうえ、どう分別していいかわからないものも出てきます。



調べるより早いかと思い、わからないことは、身近なプロフェッショナル・母親に聞きました。

さすが勉強しているだけあって、即答してくれます。





ルールが変わる。

どう変わったのかよくわからない。



そんな状況は、法律が改正されたときに似ていると感じました。





消費者問題の分野でも、特定商取引法の改正法が12月に施行される予定です。

消費者の保護が進むに伴い、通信販売の返品特約表示など業者側も対応しなければならないことが出てきます。



私も、即答できるプロフェッショナルでなければならない、そう身を引き締めながら、プラスチックを分別している休日です。



人気blogランキングへ



関連記事
2009/10/18(Sun) | 厚木の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/250-81feb88d
前のページ ホームに戻る  次のページ