アイフル事業再生ADR


アイフルが事業再生ADRの申請をするとの報道がされていました。



この申請は、銀行などの債務についてのものです。



この手続で、銀行などの同意が得られて私的整理で進められる場合、過払い金の返還請求権などには直接の影響はありません。法的には。

しかし、事実上は、相当な影響があるでしょうね。





一般論としては

対象債権者の同意が得られないと、私的整理では進められないので、その場合、銀行の債務が支払えないことになりますね。

そうすると、民事再生などの法的手続になることもあり得ます。




そういえば、
「だいたい将来的にこういうことが起こるということが、かなりの確度で予想されるようになると、それは必ず早く起きます」

と竹中さんが言っていました。

勝間和代のお金の学校―サブプライムに負けない金融リテラシー


そうすると、次は・・・





090918








人気blogランキングへ


関連記事
2009/09/18(Fri) | 過払い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/219-98dd06b3
前のページ ホームに戻る  次のページ