ETCカードとクレジットカード


破産や再生などの手続を使う場合のデメリットとして、一定期間、信用情報機関に登録されることで、借金ができない、カードが作れないというものがあります。



借金を整理する場合には、今後、借金をしないと考えているはずですから、借金ができないというのはデメリットに感じない方がほとんどのはずです。

「もう借金はしません」と皆さんが言っています。



ただ、カードが作れないことはデメリットだと言う方が結構います。



借り入れというより、決済方法としての利便性を失うというデメリットを感じるようです。



特に多い訴えが、ETCが使えないというもの。



ETCカードは、多くの場合、クレジットカードとセットですが、預託制のETCパーソナルカードという方法もあります。

1200円の年会費はかかってしまいますが(平成23年まではキャンペーンで初年度は無料らしいです)、対価を払っても利便性を得たいという方は検討してみてはいかがでしょうか。



まあ、週末の選挙結果によって、高速道路が無料で利用できるなんてことになったら、ETCカード自体不要になりますが。





人気blogランキングへ


関連記事
2009/08/26(Wed) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/202-de982dc9
前のページ ホームに戻る  次のページ