お金が貯まる人の「家計簿」

Aさんは、友人たちから一緒に海外旅行に行かないかと誘われました。



そんな金ないよー。

 でも、断ると、友人から相手にしてもらえなくなりそうだ。

 

 まあ、お金は借りれば良いか。

 きっと返せるよな。

 今の給料からだと、大きい額だけど・・・

 毎日の食費とか削れば大丈夫だろう。たぶん。




Aさんは、さらに親族に子供が産まれたので、お祝いを送ろうという話になりました。



そんな金ないよー。借金してるのに。

 でも、おめでたいことだしね。



 まあ、お金は借りれば良いか。

 たぶん返せるよな。

 光熱費でも削れば大丈夫だろう。たぶん。






Aさんは、こんな調子で、どんどん支出を増やしてしまいました。

もともと、収入が少なくて、かなり借金もあったのに。

ただでさえ、毎月赤字なのに



さあ、このままでは、Aさんの家計は破綻してしまいますよね。



あれー、どっかの国の状況と似てますかね~?



http://www.mof.go.jp/zaisei/con_02.html



とりあえず、どんどん支出だけ増やそうという所あたりが特に。







国がこんな状況だとしても、国民である我々が、同じような状況になって良いということにはなりません。

一人一人が家計の収支状況を把握して、コントロールできるようにならなければなりません。



借金問題を解決するには、現状の家計分析が必要。

現状の分析のためには、家計簿をつけることが大事です。



私も、収入を得るようになって、何年間も家計簿をつけていましたが、大事なのは、細かい数字が合わなくても気にしないことです。



目的はおおまかな支出の分析ですから、何百円くらいずれても気にしない。

使途不明金で処理しちゃえば良いんですよ。



とにかく、おおざっぱにでも支出を分析してみると、いろいろと見えてくるものがあります。



多重債務者の方の通帳をみると、理由もなくやたらとコンビニや他行のATMを使って210円の手数料をとられていたり、支出に無関心だと感じさせられることが少なくありません。



借金で悩んでいる方は、まず第一歩として、家計簿をつけてみて、支出の分析をしてみてはいかがでしょうか?





こちらの本では、ざっくりと月1回の処理で家計簿をつける方法が書かれており、参考になります。

お金が貯まる人の「家計簿」 (知的生きかた文庫)
お金が貯まる人の「家計簿」 (知的生きかた文庫)
三笠書房 2009-06-19
売り上げランキング : 199

おすすめ平均 star
star読みやすく実践しやすい!
star何のために家計簿を付けるのか・・
star良いんじゃないでしょうか。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools








人気blogランキングへ



関連記事
2009/08/16(Sun) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/197-d1c17486
前のページ ホームに戻る  次のページ