ワイヤレスマウス

PP(パワーポイントの略)を使って、一人でプレゼンをする場合には、ワイヤレスマウスが必要になります。

立ち上がって話すということは、スライド画面の切り替え等をPCから離れた位置でおこなわないといけません。



以前に模擬裁判を傍聴した際には、プレゼンターとPC操作をする人を分けていましたが、タイミングが微妙にずれることもありました。

プレゼンター自身が操作した方が良いように感じます。



そんな理由で、私が事前に用意したのは、このワイヤレスマウスでした。



KOKUYO プレゼンテーションマウス EAM-ULW2 (ハンディタイプ, パワーポイント操作機能)
KOKUYO プレゼンテーションマウス EAM-ULW2 (ハンディタイプ, パワーポイント操作機能)
コクヨ 2005-04-21
売り上げランキング : 2387

おすすめ平均 star
starとてもいい
star機能を絞っているのでこんなものか
starパワーポイントプレゼンテーションが快適

Amazonで詳しく見る
by G-Tools









法廷を見る前に購入してしまったので、レーザーポインター付きという・・・



実際の法廷では、1つの大画面を使うのではなく、弁護側、検察側に大きめの画面があって、さらに裁判官・裁判員席にモニターが付いています。裁判官は、自分の席にあるモニターを見る割合が多かったように感じました。

少なくとも、弁護側の後ろにある画面だけをみんなが見るということはないでしょう。そもそも被告人は弁護側にある画面に背を向けていますし。



こういう状況だったので、レーザーポインター機能は一切いらなかったかと。



まあ、きっといつか別の場所でこの機能を使う日が来るでしょう。





人気blogランキングへ


関連記事
2009/07/14(Tue) | 刑事事件 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/181-73fb8d44
前のページ ホームに戻る  次のページ