高速代金と特急代金の違い


刑事事件の国選弁護事件を担当することがあります。

私が弁護士になった頃は、接見に行ったり、裁判所に行ったりする際の交通費は自腹でした。

すこし前に、これが改善されて、交通費相当額が支給されるようになりました。

進歩ですね。



さて、そんな交通費相当額ですが、全てが支給されるわけではないというFAXが来ました。



車で移動した場合の高速道路利用代金→支給される。

タクシー代→支給される。

特急電車代金→支給されない。



この区別がよくわからない。



いずれも、他の移動方法が存在していて、それよりも時間を節約するための移動方法だと思うのですが、なんで特急だけダメなんでしょう。

まあ、もともと自腹だったわけですから、支給されなくても自費で負担しますけど、理論的に大丈夫なのかな。



急な接見要請があったときに、遠くの警察署まで特急で行き帰りすればスケジュールが何とかなるという事態に陥ったら、迷う弁護士が出てきませんかね。





人気blogランキングへ

関連記事
2009/04/20(Mon) | 刑事事件 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/150-f2e1ab4c
前のページ ホームに戻る  次のページ