位置づけを検討します


新しい相談者の方が来たということで、事務所の相談室に入ったところ、1年前に事件が終わった、かつてのお客さんでした。



法律事務所というところは、リピーターが来ることが果たして良いことなのでしょうか。



また同じ過ちをしてしまったという類の問題ですと、前回の問題解決は一体・・・と少し落胆してしまいます。



しかし、以前と違う種類の問題での相談ということですと、うれしい気持ちになります。

もちろん、かつてのお客さんに、またしてもトラブルが発生しているというのは望ましいことではないのですが、問題が大きくなる前に気軽に持ち込んでもらえるのはうれしいものです。



今回は、後者でした。今のところ、簡単なアドバイスのみで対応できる程度でしたので、良かったです。





法律相談や事件が終わって、お客さんが事務所を去る際に「また何かありましたら、お願いします」とおっしゃいます。

そういうとき、私としては、事務所に来るようなトラブルが生じないことを願う気持ちになります。



私自身が、こういう発想になるのは、法律事務所という存在を問題発生時の解決場所と位置づけているからですね。

今後は、もっと別の位置づけをしないといけないのかもしれませんね。







人気blogランキングへ


関連記事
2009/01/21(Wed) | 事務所について | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コメント
----

私は,事件の終わったお客さんから「また何かあったらよろしくお願いします」と言われた場合,「何かないことをお祈りしております」と笑ってお答えすることにしています。
by: さぬきうどん1号 * 2009/01/23 06:46 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sagamigawa.blog73.fc2.com/tb.php/119-229183dc
前のページ ホームに戻る  次のページ