大量の着物のその後
弁護士石井琢磨です。

ドローンがうまく飛ばせず苦闘中です。


先日、相続財産管理人の仕事で、着物を売る機会がありました。

着物



相続財産管理人は、誰も相続人がいないので、裁判所が選んだ、財産を管理する人。

借金なんかがあれば、財産をお金に換えて支払ったり、余れば、国に納めたりします。

その仕事で、何十着もの着物を売らないといけなかったのです。

着物って、買うと高いけど、売るとろくな値段がつかないのですね。

もちろん、未使用かどうか、サイズ、保管状況なんかによって多少の値段は変わるのですが、
購入価格1000万円以上のものでも、数万とか数十万とかそんな値段が多いようです。

業者さんの話では、着物は一定時期に大量に買っている人が多いようで、人によっては、1億近い買い物をしている人もいるとか。それが数十万円にしかならないと、相続人はガッカリですね。


プロが見ると、着物だけからでも、色々なストーリーが見えるようです。

私の事件でも、「購入時期が集中してるよね?」
「退職金でも入って買っちゃったのかな?」
「この人の身長はこれくらいでしょ?」
「着物を外には着ていかないタイプだよね」
などと、着物を仕分けながら、ズバズバ推理されていました。


弁護士という仕事柄、着物の大量購入と聞くと、つい
認知症の高齢者を展示会に連れて行って取り囲んで買わせたんじゃないか
とか考えちゃいますが、
私の仮説は、「全部、一回は羽織ってるし、買って、家で楽しむタイプだったんでしょう」と、業者さんに否定されました。


これは、「ビブリア古着物堂の事件手帖」って小説でも書き始めたら売れるんじゃないかな、と企画を構想中です。


ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter





関連記事
2015/06/28(Sun) | 相続 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最後の裁判員裁判
弁護士石井琢磨です。

数日間かかりきりになっていた裁判員裁判が終わりました。
一つの仕事に集中するのって気持ちいいですね。
終わった後のToDoリストの山さえなければ。

a0002_001012.jpg



今回も、判決結果と、関係者の人生に与えた影響に満足できました。
裁判員裁判でなければこの結果はなかったんじゃないかと感じています。

ただ、私が裁判員裁判を担当するのはたぶん最後


刑事事件を受けるルートには、2種類あります。
私選と国選。

私選は直接、加害者や家族と契約して活動します。
うちの事務所では、通常の刑事事件では私選依頼もありますが、裁判員裁判は今までに1件もありません。

また、何件か裁判員裁判を担当してみて、どんなに効率よく進めても、活動時間(拘束時間)は100時間は超えてしまうので、私選であれば、それなりの費用を請求せざるを得ません。複数の弁護士をつけるなら尚更です。

そうすると、多くの人は「国選でいいか」となるでしょう。

そのため、たぶん今後、私選での裁判員裁判はない。


だとすると、残されたルートは国選。
裁判員裁判の国選は、神奈川県では、独自の名簿が作られています。
弁護士会が取りまとめて、法テラスが事件分配をしています。

横浜弁護士会ではこの名簿登録の要件として、昨年、研修を受けることが義務づけられました
必要なインプット自体はすべきかと思いますが、その研修の受け方がDVDやネットではダメで、横浜とか小田原に行かないといけないという内容でした。
私は、ただでさえ負担感のある国選事件を、少なくとも往復1時間半かけて、必要かどうか分からない研修を受ける気はさらさらなく、これを受けなかったので、名簿から抹消されることとなりました

裁判員裁判が始まった頃は、人数が足りないから義務だという流れで担当していたのですが、研修義務づけを決める際に担当人数は足りているという趣旨の話もあったので、ここで卒業です。

裁判員裁判は、個人的経験からすれば、意義がある制度だと思いますが、市民の反応(呼び出しに対する出席率など)を見ていると、持続できるのか疑問もあります。

弁護士会のルールが「研修はスマホでもOK」と変わるよりも、裁判員裁判制度が持続できなくなる方が早いだろうとの見通しから、今回のが、たぶん最後だと予測しています。


この裁判員裁判、弁護士という立場だと、毎回、消化不良に感じるところがあります。

それはやはり、密室での評議内容。

あの証人はどういう評価をされたのか、あの証言は?
フィードバックがないまま判決となるので、結果が良くてもモヤモヤ感が残ります。

私は、他人のメールを覗いたり、ストーキングしたり、部下の電話内容を盗聴したいなんて欲望は全くない無関心人間なのですが、この評議室でのやりとりだけは気になります。

今回も、ドローンを評議室内に飛ばして盗撮したい気分でした。
もちろん大人なのでガマンしましたが。

裁判員経験者の感想を述べる会とかあるんですけど、やっぱり自分の事件でどういう評議だったのかは気になりますね。


ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter






関連記事
2015/06/11(Thu) | 刑事事件 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る