スタバで違うドリンクを頼めなくなる瞬間
弁護士石井琢磨です。

よく行くスタバでレジに並んだ後、いつも頼む「イングリッシュブレックファーストティーラテ、ショートサイズ」を注文したら、0.5秒で出てきました

イングリッシュブレックファーストティーラテ




店員さんが私が並んでいるのを見て、先回りして準備してくれていたようです。

私が過去に99パーセント以上の確率でこのドリンクを頼んでいるというデータを元に動いたようです。


非常に嬉しいサプライズですが、怖い面もあります。


万一、このようなサービスが常態化し、いつも0.5秒でドリンクが出てくるようになると、
このドリンクを頼むことが黙示の合意(言わなくても成立する)となってしまうかもしれません。

注文直後にドリンクが出てくるとすると、違うドリンクを頼みたい場合、私は、レジで並んでいる段階から、店員とアイコンタクトを取り「今日は、コーヒーを頼むぜ」と伝えるとか、ボディランゲージで伝えるとか、注文書という紙を持っていくかなど、別の意思表示をしないといけなくなりそうです。

継続的な取引関係
が続いた場合、契約の当事者は、「それが続く」と期待してしまいます。

店員さんは、「あの白い男は、『イングリッシュブレックファーストティーラテ、ショートサイズ』を注文する」と期待して、動きます。

私が、この動きを認識しつつ、無視して「スタバではグランデを頼めっていう本を読んだので、コーヒーをグランデサイズで」とか注文しちゃうと、せっかく作ってくれた「イングリッシュブレックファーストティーラテ、ショートサイズ」が無駄になってしまいます。

損害です。


継続的な関係にある場合、当事者間の損害はなるべく少なくするよう動くことが求められます。


そのため、万一、0.5秒で「イングリッシュブレックファーストティーラテ、ショートサイズ」が出てくるようなことが日常的になった場合、店員さんの期待を保護する、その一方で石井の動きに制約が生じる(早い段階で意思表示をすることで損害を回避しなければならない)可能性があるのです。

嬉しいサプライズを受けても、こんな法的な、悲劇的未来を想像してしまう自分の職業病が憎いです。


このように、法律の世界では、当事者間にいったん生じた期待を保護する、という価値観があります。

事業者間で継続的な契約をした場合、急にこれを打ち切る、ということが認められないこともあります。打ち切られる側に、問題行為があれば別ですが、それ以外の場合には、急な打ち切りが認められにくい。
契約期間があればもちろん、なくても、相手の損害を減らすために、猶予期間を与えなさい、とする裁判例が多いです。


たとえば、東京高等裁判所昭和59年12月24日判決

「期間の定めのない継続的売買約においては、当者間にその旨の合意がなくとも、原則として、当事者の一方は、いつでも右契約を将来に向かって解除(解約申し入れ)しうるものと解するのが相当であるが、前記のような本件契約の内容、契約締結後の状況等に徴すれば、右解約申し入れをするためには相当の予告期間を設けるか、これを設けなかった場合には、右解約申し入れがあってから相当の期間を経過したのちはじめて本件契約が終了するものと解すべきであり、また、相手方に著しい不信行為等、契約の継続を期待しがたい特段の事由の存する場合には、直ちに解約申し入れができるものというべきである。」

「契約なんだからいつ切っても良いだろう」という残酷な考え方は、
せっかく作ってくれた「イングリッシュブレックファーストティーラテ、ショートサイズ」を無駄にするものだと肝に銘じてください。

ちなみに、この長いドリンク名は何とかしてほしいです。
スタバドリンクのカロリーを一覧にしたブログを見たら、全ドリンクの中で一番長い名前じゃないですか。


ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

ランキング参加中です→人気blogランキングへ


関連記事
2013/02/21(Thu) | 厚木の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
別れさせ屋が依頼者から訴えられた件
弁護士石井琢磨です。


依頼者が、別れさせ屋に対して提訴したというニュースが話題になっています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130214-00000045-asahi-soci
引用してみます。


 「別れさせ屋」は、依頼を受けて交際相手がいる人に異性を近づかせるなどして、「破局」をうながす。訴状によると、女性は2006年12月、交際していた男性の浮気を知り、「別れさせ屋」をうたう調査会社に浮気解消を依頼した。80万円を支払ったが、ほとんど仕事はされず、浮気も解消しなかったという。
 女性は、「別れさせ屋」は他人の恋愛感情に不当に干渉し公序良俗に反しているので、自分が依頼した契約は無効だと主張。消費者金融で借りた80万円に金利が加わり、実際に支払った107万円を賠償するよう求めている。




別れさせ屋は過去に刑事事件も起きて有名になりました。
インターネットで検索して出てくる会社を見ると、費用は、着手金として一定額を受け取り、成功報酬が別途発生するタイプが多いようです。
さらに、工作期間の長さによって、これらの金額が異なることがほとんど。

今回は、着手金のように、先に払った費用分の請求です。

着手金を受け取る契約をしている場合には、他人事ではありません。


報道の「ほとんど仕事はされず」という点を置いておくと、問題点は大きく2つ。
1 別れさせ屋との間の契約は、公序良俗違反で無効か。
2 契約が無効だとして損害賠償請求が可能か。



1の契約が無効だと認められたとしても、2の請求が可能かどうかについては、不法原因給付の問題になりそうです。
構造としては、過去に裏口入学として支払ったお金の請求で説明しましたので、気になる方は読んでみてください。
参考記事:残酷な裏口入学裁判で取り返すたったひとつの方法


契約が公序良俗違反で無効になっても、払ったお金を取り戻せるかどうかは別。
不法原因給付の規定は、不法行為による損害賠償請求にも類推適用されますので、この問題は避けられないでしょう。


この2番の問題に行く前に、そもそも
1 別れさせ屋との間の契約は、公序良俗違反で無効か。」という点が問題になります。
調査会社も、この点を争っているようです。

別れさせ屋は、報道記事によると、
依頼を受けて交際相手がいる人に異性を近づかせるなどして、「破局」をうながす。
と説明されています。

個人的に、人間不信社会に向かっていくこのようなビジネスはよろしくないと思いますが、公序良俗違反で無効かどうかは別問題。


民法90条
「公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。 」

公序良俗ってなんでしょう?

法律の解説書では、社会的妥当性があるかどうか、といわれます。


男女関係と公序良俗が問題にされるのは、愛人契約が多いです。

「愛人でいることを条件に毎月●円払う」という契約は無効。
一夫一婦制に反する関係を維持する契約は無効とされています。

これに対して、

「婚姻外の情交関係をやめることを内容とする契約は有効とされる。
ただし、判例はこのような関係をやめるについて、一方が他方に金銭(手切れ金)を与える契約は、それが「金銭的利益を得て私通関係をやめる」という意味を有する場合には善良の風俗に反するが(大判大正12.12.12民集2巻668頁)、それが将来私通関係をやめることを互いに決意した際、相手方の精神上の苦痛を慰謝する目的で金銭の贈与を約束するという意味を有するのであれば、公序良俗に反するものではないとする
(大判昭和12.4.20新聞4133号)。

「民法コンメンタール 199頁より引用」
我妻・有泉コンメンタール民法―総則・物権・債権
我妻・有泉コンメンタール民法―総則・物権・債権我妻 榮 清水 誠 田山 輝明 有泉 亨

日本評論社 2010-07
売り上げランキング : 198138


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




愛人と別れる方向の契約は公序良俗違反にならない可能性が高いと説明されています。

報道によれば、今回の事件の依頼者は、結婚していないようです。
交際相手の浮気を止めたかった様子。

本来、未婚者同士の恋愛は自由。

未婚者の交際関係を別れさせるよう「うながす」ことは、社会的に妥当なのかどうか。


裁判官がこれを判断する際に、「別れさせる契約」とはどういう契約だったのか特定されるはずです。

破局をうながすために、調査会社側が何をどのようにする、という契約だったのか。
ここに違法行為が入っていると、契約が無効になる確率が高まるでしょう。

このような契約内容を詰めたうえで社会的に妥当かどうかを裁判官が決める。
裁判官の男女観が問われます。

私が裁判官だったら、精一杯和解勧告すると思います。
判決で別れさせる契約の実態が明らかになると社会的には有益ですね。


契約内容がグレーなビジネスをしている方は、どのような判断がされるか引き続き注目しておきましょう。



ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

ランキング参加中です→人気blogランキングへ

関連記事
2013/02/18(Mon) | news | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
法律相談に行くのが不安
弁護士石井琢磨です。

・ミドリムシのサプリメント
・きゃりーぱみゅぱみゅ
・花粉症レーザー治療


今年に入ってから初めて買ったものやサービスです。
以前から気になっていたのですが、今年に入って初めて買いました。

その理由は、複数のルートで勧められたから


話は変わって、法律相談に来る人の中には、
「ずっと行こうか迷っていたんだけど」と言う人が結構います。
相談に行くか悩んで悩んでやっと行く。
予約をとったのに、不安になりキャンセル、また予約をとる

法律相談の心理的ハードルが高い人はまだまだいます。

法律問題の場合、
クーリングオフができる期間や
権利が時効でなくなってしまう期間などあり、
相談するタイミングが遅れると致命傷になります。

それでも動けない


私も未知のものに手を出すのが不安なタイプですので、気持ちはよくわかります。

一歩を踏み出せないことはよくありました。

しかし、あるとき気づきました。

やろうかやるまいか、悩むのもタダじゃない、と。

頭の中で悩むだけならお金はかかりませんが、その悩んでいる時間、人生は何も進まない。
悩んでいなければ他のことに使える脳が、同じ悩みをぐるぐる回っている。
時間をコストと考えると、これはタダじゃない、もったいないぞ、と気づいたのです。

そこで、私はやるかやらないかを自動化するルールを決めました。

マークしている人から勧められたことは、すぐやる。
知り合いから2回勧められたら、やる。
3回気になったらやる。

このように、そのものやサービスについての情報がどこから来たかによって、設定した接触回数を満たしたら原則やるようにしました。


最近、知り合いのお医者さんから「『亜玖夢博士の経済入門』がすごい面白かった」と言われました。
かなり前に出された本で、私も読んだことがあります。
何で今さら・・・と思ったのですが、その数日後に、全く違うルートの出版関係の人から「橘玲さんの亜玖夢博士が・・・」と話題に出されました。
2回勧められたので、改めて買い直して読んでみました。

亜玖夢博士の経済入門 (文春文庫)
亜玖夢博士の経済入門 (文春文庫)



この自動化により、やるかやらないかを悩まなくなりました。


また、気になったものは、メモして脳の外に置いておく方が脳の負担が減ります。
前にも誰かに勧められたと感じたら、メモを調べて2回目なら買う、と考えずに動きます。


「やるのが不安」というものも、このように自動化することで悩まなくなります。
法律相談になかなか行けない人は、このようなルールを決めて対応すると、少しは前進しますよ。


このような自動化も、お金を払う場合には、もちろんその金額によってリスクは考えないといけません。


脳の負担を減らす自動化は、悪く言えば思考停止ですので、劇場型詐欺にかかったら簡単に騙されます。

A「カンボジア投資の黄色い封筒は届いていませんか?」
後日、黄色い封筒が届く。
B「黄色い封筒は届いていませんか?うちで買いたいんですよ」
C「黄色い封筒のカンボジア投資の話があったら、うちで高く買いますから」

3社から勧められたから100万円投資しよう、なんて考えないようにしてくださいね。


『亜玖夢博士の経済入門』を私に勧めた2人が結託していても、定価550円なので諦めがつきます。
コストが高いものは、もちろんリスク調査をしてから最終決断をしますので誤解しないように。


ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

ランキング参加中です→人気blogランキングへ

関連記事
2013/02/13(Wed) | 法律相談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
質のよい睡眠をとるための3つの法則
弁護士石井琢磨です。
朝昼夕3つのことを心がければOK! あなたの人生を変える睡眠の法則
朝昼夕3つのことを心がければOK!  あなたの人生を変える睡眠の法則



本屋さんで並んでいるのを見て、ついカゴに入れてしまった一冊です。
年末から、睡眠時間に波が出て3時に目が覚めたりする時期があります。老化でしょうか。

さて、誰にとっても睡眠は大事なもの。
寝不足の状態では、仕事でもプライベートでも色々とミスをしてしまいがちです。
法律事務所には眠れていない人が何人も来ます。しっかりと睡眠を取ってほしいもの。

十分な睡眠かどうかは、時間だけでなく質も影響します。

この本は、睡眠の質を高めるために、日中に何をすれば良いのかを教えてくれるものです。

まえがきを読むと、質のよい睡眠をとるための3つの法則が書かれていました。


「起床から4時間以内に光を見て、6時間後に目を閉じ、11時間後に姿勢を良くする」




起床から4時間以内に光を見る

これは早起きの本によく書かれていることです。
人間の体内時計は少しずつずれていくので、太陽光を浴びることで、それをリセットする。
これで、体内時計が安定するので、睡眠も安定するという内容です。

この本では、太陽光を浴びなくても良い、という主張までされています。


起床から6時間後に目を閉じる


これは、以前に紹介した『1分仮眠法』で紹介された内容に近いです。

参考記事 『1分仮眠法』

脳も体も冴えわたる 1分仮眠法
脳も体も冴えわたる 1分仮眠法



人間の体内時計では、どうしても昼に眠くなる。
眠気を感じる前に、目を閉じることで、この眠気を予防できるという内容です。



最後の3つ目。
起床から11時間後に姿勢を良くする

睡眠本を何冊も読んでいる私も、初めて聞きました。
姿勢と眠気って何の関係があるのでしょうか?

睡眠に関する本を読んでいると、よく出てくるのが体温の話。
寝る前に体温が高いと寝つきが悪くなるという話をよく聞きます。
寝る前の体温をコントロールするために、どの時間に運動をすると良いとか、風呂に入るのはいつが良いとか色々と言われます。
しかし、仕事をしていて、そこまで規則正しい運動はしにくいのが現実です。

この本の3つ目の「姿勢を良くする」という点は、この体温のコントロールに関係するもの。
姿勢を良くするためには、背中の筋肉を使う。体温のコントロールには、これくらいの刺激で良いのだそうです。

姿勢を良くするくらいだったら、仕事中でもできそうですね。

これならできる、と思った人は、姿勢を良くするポイントを本で確認してみてください。


基本が4時起きの私は、
8時までに光を見て、
10時に目を閉じる
15時に姿勢を良くする
これで質のよい睡眠がとれることになりますね。

10時は、裁判でもよく弁論期日が指定される時間帯。
法廷で目を閉じていたり、15時の打ち合わせでは少しだけ姿勢が良い私を見かけたら、この本を実践しているところです。

気にしないで見守ってください。

朝昼夕3つのことを心がければOK! あなたの人生を変える睡眠の法則
朝昼夕3つのことを心がければOK!  あなたの人生を変える睡眠の法則菅原洋平

自由国民社 2012-09-21
売り上げランキング : 7181


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

ランキング参加中です→人気blogランキングへ



関連記事
2013/02/07(Thu) | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
根性論と効率について
a0002_000157.jpg


弁護士石井琢磨です。

最近、うちの女性スタッフが、連日1時間だけ早退していました。
理由は、痛めた足のリハビリ通院とのこと。

うちの事務所では時間単位での有給取得を認めているので、早退は別に良いのですが、問題は、彼女が、その週末に、マラソンに出場すると言っていたこと。

彼女は、1カ月ほど前に、足の別の部位を痛めたとかで、疲労骨折疑惑が出ていたという事情もあります。

そんな状態で走って、より痛めてしまったら、という不安もあり、
「今回は見送ったら?」と言ったら、

「絶対に走ります」
と断固たる決意
を表明されました。

「私の栄光時代は、今なんだよ」
と言わんばかりの体育会系青春発言をして、彼女はそのまま走りに行きました。
SLAM DUNK 31 (ジャンプ・コミックス)
SLAM DUNK 31 (ジャンプ・コミックス)




すごい根性だ。


私もこんな根性を持っていた青春時代があったなぁと懐かしくなりました。

私は中学・高校と陸上部で100mを走っていました。
高校2年の夏まで根性論。

小学校では徒競走でビリだったのに、練習すればするほど足が速くなることに快感を覚え、
投入時間を増やせば成果が出る
という前提で練習をして、そこそこ走るのが速くなりました。

しかし、高2の夏に足を疲労骨折。

練習しすぎた結果が悪い方向に出てしまいました。



ここで考えは変わりました。

投入する時間の量ではなく、質が大事なのだ。



ここから結果につながる効果や効率を考えるようになりました。

うまいやり方をすれば、結果が出る。

この考えで、司法試験とかも比較的短期間に合格できています。


高2の疲労骨折後、私は、結果に結びつく筋肉を効率よく鍛え、肉体を作り上げていきました。

しかし、ベストタイムは更新できませんでした。

スタートラインに立ったとき、自信が漲っていたのは、根性論で練習していた時期のほう。


「あれだけ効率よく頑張ったのだ」より
「あれだけ長い時間頑張ったのだ」のほうが自信が漲るのです。


社会に出て、一流の人から言われたことがあります。

「量をこなすことで、質につながる」


最大の成果を出すには、結局、質も量も必要。
そして、先に量をこなしておく必要があるとのことです。

これって、経験を積めば積むほど難しいかもしれません。

量をこなすためには、夢中になる、がむしゃら感が必要です。
経験を積んでいると、つい効率良く進めようと考えてしまい、量をこなす前に質を求めてしまいます。

経験が障害になることがある。

がむしゃら感の根性論で動けるというのは、貴重な財産です。

今の私がこの根性論で動こうとすると、強制力を働かせるか、仲間を見つけて洗脳してもらうくらいしか方法を思いつきません。

こんな視点から、冒頭の女性スタッフの「絶対に走ります」体育会系青春発言には、ちょっとうらやましさを感じ、心配しつつも水を差してはならないと感じたのです。


この「量を投入する時期」は人生においてあった方がいいです。

好きなこと以外でも、練習であったり、受験勉強であったり、見習い期間であったり、
「何やってるんだろ、自分」と思う時期があります。

でも、その経験自体だけでなく、量を投入したという事実自体が、後の人生で役立つはず
そして、そのような時期は後から貴重な財産になるのです。

だから、苦しい人も頑張ってね。


「苦労しているときに逃げ出す人って、大抵はその苦労が一生続くと勘違いした人なんだ。だから必ず楽になるときがくるから今は我慢して目先の壁と格闘していてほしいんだよ。」

社長の遺言―三度目に成功する人生論
社長の遺言―三度目に成功する人生論高橋 がなり

インフォバーン 2005-06
売り上げランキング : 313054


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






ちなみに、冒頭の女性スタッフは、その後、マラソンを好タイムで完走し、足も異常なし。マラソン後も普通に出勤しています。
こういう人と自分を比べちゃいけないって思った次第です。



ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

ランキング参加中です→人気blogランキングへ


関連記事
2013/02/05(Tue) | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
劇場型不動産投資詐欺
弁護士石井琢磨です。

昨年11月頃にカンボジアの不動産投資詐欺の被害を受けた人から、相談を受けました。

未公開株詐欺でよく使われていた劇場型。
これは、ある会社が「この株があれば高く買い取りますよ」という話を事前に持ちかけておき、別会社(を装った会社)がその株を売りつけるという詐欺です。
結局、買い取ってくれないので、紙切れだけ残る。

参考記事:「かぶたろう」


この手口の対象物が不動産に置き換わったというものです。

「この不動産があれば高く買い取る」という話を事前に持ちかけておき、別会社(を装った会社)がその不動産を売りつけるという内容。

このカンボジア不動産の劇場型詐欺は、平成24年5月に国民生活センターから注意が出されています。
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20120524_2.html

さらに、今回の勧誘業者の固有名詞・関連名詞「●●」をGoogleで検索してみると、平成24年8月頃から、「●● 詐欺」「●● カンボジア 被害」
などの推測表示がされ、そのとおり検索してみると、「●●からお金を取り戻します!」という探偵のホームページが複数出てきます。

このような探偵ページでの二次被害もありますので、頼めば取り戻せるとは考えないようにしてください。

ただ、少なくとも、探偵のホームページで固有名詞が出ているということは、日本全国で相当数の被害者がいるということです。

今回の相談者の被害は、昨年11月頃に発生したものです。

平成24年5月 国民生活センターでの注意
平成24年8月 探偵ページでの被害回復広告等
平成24年11月 被害

この一連の流れを見て、イノベーション理論の図を思い出しました。

イノベーター理論


マーケティング関連のビジネス書でよく出てくる図です。

商品やサービスの普及のスピードと採用者の数を表したものです。

たとえば、iPhoneなどのスマートフォン。
市場に出て、すぐに普及するわけではありません。
発売直後に購入する人が「イノベーター」。
その次に買うのが「アーリーアダプター」。彼らがネットや書籍で口コミします。
これを見てよさそうだと、「アーリーマジョリティ」の人たちが買う。
商品やサービスを使っている人が周りにも出てきます。
その後、「レイトマジョリティ」の人たちへと続く。
この図は、商品やサービスがどの段階にあるかによって、マーケティングの方法が変わるという内容で紹介されています。


詐欺の被害が拡大していく流れも、これに似ています。

まず騙されるのが「イノベーター」に当たる人たち。
業者側によって、その手法が使えると判断されると、被害が「アーリーアダプター」に発生していきます。
この段階で、消費者センターなどに被害相談がされ、早ければ警告文書が出されるでしょう。
さらに「アーリーマジョリティ」に被害が発生。彼らが、被害を回復しようと動き出します。
この段階で探偵も、業者の固有名詞を出して勧誘し始めます。
被害の賠償請求を受けた業者は、さらにお金を求め、「レイトマジョリティ」層を騙しにかかるのです。
最後の方の「ラガード」あたりで勧誘されてお金を払ってしまうと、業者も手仕舞い。つまり、会社を潰していたり、お金が残っていなかったりで、被害回復は見込めません。

このように、詐欺被害が拡大していくシーンは、商品やサービスが広がっていくイノベーション理論でイメージするとわかりやすいです。

イノベーター理論



こんな図まで出して、何が言いたいのかと言うと、

「レイトマジョリティ」の段階で勧誘された人は、インターネットで業者名を固有名詞検索すれば「●● 詐欺」などの推測表示がされたり、被害回復を謳う探偵のページの存在に気づけます。

また「アーリーマジョリティ」の段階で勧誘された人は、「カンボジア 不動産投資」のような投資対象で検索すると、国民生活センターなどの警告文書の存在に気づけます。

つまり、投資する前に、このような検索をしておけば、少なくとも「アーリーマジョリティ」以降に勧誘された人は、被害を事前に防げる可能性が高いということです。

「イノベーター」や「アーリーアダプター」のような手口がまだ広まっていない段階で騙されてしまう場合には、この手法は有効ではありませんが、実際には「アーリーマジョリティ」以降の被害相談を受けることがよくあります。

金払う前には、固有名詞検索。
せめてこのクセを身につけましょう。

高齢者向けのPC教室でぜひ教えて欲しい内容です。


なお、「●● 詐欺」と表示されていても、誹謗中傷の被害を受けていたり、嫌がらせを受けているというケースもありますので、それも頭に入れておき、実際の検索結果を確認するようにしておいてください。

ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

ランキング参加中です→人気blogランキングへ




関連記事
2013/02/03(Sun) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る