弁護士業務マニュアルより記録の電子化の注意点
第4版 弁護士業務マニュアル-近代的な経営と業務改善のために-


弁護士石井琢磨です。

『弁護士業務マニュアル 第4版』を読みました。
タイトルのとおり、弁護士の業務を進めるやり方について幅広く書かれた本。
少しでも業務の進め方が改善できたり、効率化のためのアイデアをもらえたりすれば良いと思い、版を重ねるたびに読んでいます。

今回の第4版で印象的だったのは、事件記録のスキャン・電子化について結構触れられていたことです。
法律事務所以外でも紙がたくさんある業界では参考になる内容かもしれません。


裁判実務は紙媒体で動いていることから、法律事務所にも紙の事件記録がたくさん溜まります。
すべての事件記録を紙媒体で保管しつづけるにはコストがかかります。
多くの弁護士がこの悩みを抱えているなかで、スキャンツールが発達したため、事件記録の電子化が可能となりました。

しかし、記録の電子化には気をつけるべきポイントがあり、本書でも紹介されています。


1 スキャン代行業者、自炊業者は使わない


紙媒体を電子化する際に、代行業者を使うことが考えられます。
代行が合法なのかは議論がありますが、紙の本を電子化する際に、これらの業者を使う人もいるでしょう。

弁護士の事件記録も代行業者に外注すればラクできます。

しかし、本書では、代行業者を使うことは、弁護士の秘密保持義務違反になりうるとしています。

終了事件記録の処分の際に廃棄業者を使うことはありますが、これとは異なります。スキャン代行業者の場合には、中身を確認せずに廃棄するのではなく、中身を確認して電子化するわけです。
その作業のなかで、事件記録の中身を見ることになります。
法律事務所の外の人間に対して、記録を見せることは秘密保持義務違反になるという考え方です。

これに対し、代行業者と弁護士の間で秘密保持契約を結べば良いではないかという考えが出てきます。
しかし、本書ではこれも、依頼者や関係者の想定するところではないからダメだとしています。

結局、代行業者に外注するには、依頼者の明示の承諾が必要、それがあっても関係者の秘密にも配慮しなければならない、というのが結論です。

事件記録を電子化するには、事務所内で作業するしかないようです。

たしかに、殺人事件の記録とか、わいせつ系の刑事事件の記録など、外部の人間にはもちろん、事務所内のスタッフにすら見せられないと感じる事件記録は多いです。線引きが難しいことから、電子化する際にも代行業者は使えないという結論には納得です。



2 紙の記録も作らざるをえない

事件記録の電子化を考える際には、フローとストックに分けましょう。

終了事件のストックと、動いている事件のフローという意味です。

終了した事件記録は、ほとんど持ち歩くことがない、大部分の記録は使わない。
そのためまとめて電子化し、紙の記録は廃棄するということが考えられます。
私も紙の記録の保管場所が足りなくなってきたことから、少しずつ電子化しています。

問題は動いている事件のフローの方です。

動いている事件記録もすべて電子化してしまえば、ペーパーレス事務所となれそうです。
しかし、本書では、それは無理だろうと述べられています。

裁判記録や分量が多い事件記録では、一覧性が必要であるところ、電子データよりも紙の方が一覧性があるだろうというのが理由。
ただし、フローの方でも、検索や引用などの点で電子化しておくメリットはあるだろうとのことです。

一覧性の問題は、ファイルの管理方式や閲覧するツールによって、近いうちに改善するとは思います。
ただ、確かにまだ紙の方が一覧性があるとは感じます。

先日、刑事事件の判決日がありました。私は、複数の裁判所を回るスケジュールだったので、荷物を軽くするために刑事事件の記録については記録のうち2割程度を持って行き、他の部分は電子化したデータをPCとiPadに入れて持って行きました。

刑事事件の判決日は、普通は聞いているだけなので、記録は使いません。

しかし、今回の事件では、検察官からの追加立証があり、急遽予定されていなかった争点について調べられることになりました。
そのなかで「甲○号証の証拠では・・・」という話が法廷でされ、
甲○号証の書面をPCとiPadで急いで探しましたが、明らかに紙よりも時間がかかりました。

紙の一覧性の強さを実感した話です。




3 持ち歩きに注意


本書では、フロー事件記録を電子化したデータの持ち歩き方法について警告しています。
USBメモリなどの外部媒体を使う場合にはパスワードをかけるのは当然、管理にも気をつけること。
クラウドにデータをおいた方が安全ではないか、という結論です。

Dropboxなどのデータをネット上において閲覧できるクラウドツールを使う、という趣旨でしょう。

私は、クラウドツールはいくつか使っていますが、いまだに事件記録を置いたことはありません。
何となくパスワードをかけたUSBメモリより、クラウドデータの方が内容が漏れるリスクが高い気がするという印象と、
もっとも移動が多い小田原の裁判所への移動中、イーモバイルの電波が非常に弱い地域があるためです。

電波がつながらない、モバイル端末のバッテリー切れという呪縛から逃れられていません。

この問題も、ツールやインフラが発展していけば、クラウドに移行しそうな気もします。


このように気をつけるべきポイントはありますが、うまく電子化に移行できれば、紙媒体の保管コストが下げられます。
いまでは、事件記録の電子化を売りにした法律事務所もあるようです(売りになるのか?)。

電子化を検討している方は、ぜひ読んでみてください。


第4版 弁護士業務マニュアル-近代的な経営と業務改善のために-
第4版 弁護士業務マニュアル-近代的な経営と業務改善のために-東京弁護士会

ぎょうせい 2012-02-22
売り上げランキング : 282240


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





関連記事
2012/04/25(Wed) | 事務所について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
紙の本をいきなり裁断して失敗した例
ショック


弁護士石井琢磨です。

最近、ブログの最初に画像を入れているのは、
コグレマサトさんとするぶさんが書かれた本を読んだからです。

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意
必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意




そのまま使っています。

先日、私は買った本は、読む前に裁断してPDF化するという記事を書きました。
参考記事:私が、紙ではなくiPadで本を読むようになった3つの理由

この本もそうでした。

厚木の有隣堂の店頭で見つけ、購入。
即裁断。
iPadで読みました。

しかし、先日の記事を書く際に調べていたら、

著者のコグレマサトさんのブログで、最初からPDF版が売られていたことを知りました。

紙の本を買った人はダウンロードできるとのことでしたので、これを入手してみましたが、紙の本をスキャンしたものより遙かにキレイでした。

しかも、紙の本より690円安い。

裁断スキャンにかける時間、キレイさ、安さ。3つの点で失敗してしまいました。

インプレス社の本には、こういうパターンがあることを覚えておかねばなりません。


みなさんも気をつけてくださいね。






関連記事
2012/04/22(Sun) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私が、紙ではなくiPadで本を読むようになった3つの理由
紙




弁護士石井琢磨です。

読書家の友人に、「最近、iPadで本を読んでいる」と言ったら驚かれました。

昨年、iPad2を購入後、読み終わった本は裁断してスキャン、PDF化し、そのうち一部の本をiPad2に入れて、たまに読むようにしていました。
FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A
FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A





そのうち、紙→スキャン→iPad という流れでなく
最初からiPadで読んだ方がスムーズなのではないか?と思い実行してみました。

その結果、今では半分以上の本を、最初からiPadで読む、すなわち、購入後いきなり裁断するようになりました。

1万円以上する本を読みもしないうちから裁断する

最初は抵抗がありましたが、人は慣れるもの。今ではサクサク裁断しています。

私が、なぜ読書の方法を変えたのか。
それは、以下の理由からです。


iPadの方が速く読める。

私は、読書用のアプリとして有名なi文庫HDを使っています。
何十冊もある本からの選択、本棚の分類、ページをめくるスピード。
これらの点で満足しています。
iPad購入前に使っていたソニーのReaderという機械は、これらの点で満足できず定着しませんでした。

紙の本のページをめくるのには、やはり一定の時間がかかります。
私は少しでもその時間を短縮するために指サックをしていますが、それでも時間はかかります。
iPadの場合、触れるだけでページがめくれますので、1ページで0.1秒以上の違いはあります。

これが何百ページ、何百冊と重なると大きな差になります。



iPadの方が引用がラク。


私は本を読んだ後に、後日の引用のために重要部分を抜き出す作業をしていましたが、
i文庫HDでは、重要部分を「しおり」としてチェックし、これをまとめて、Evernoteというクラウドサービスに送ることができます。
その内容をPCでチェックし、コピーペーストすれば、ブログなどで簡単に引用できます。
もちろん検索にも便利。

紙の本では大量にポストイットを貼りまくっていましたが、これも不要になり、ポストイットの消費量が1/50くらいに減りました。
スリーエム社の業績が心配です。


iPadの方が持ち運びが便利。

iPadは重いです。
4月に新型が出ましたが、iPad2よりも重くなったと聞き、購入を見送りました。
立ったまま片手で読むには適していないと思います。

しかし、以前の私は、外出する際に電車内や空き時間に読む本を数冊持ち歩くことが多かったです。
2冊以上持ち歩くならiPadの方が軽いことに気づき、今はほとんど本を持ち歩きません。

結果として、鞄は軽くなりました。


このような点から、読書のメイン形態をiPadに変えました。

いま感じている唯一の不便は、書き込みです。
書き込めるアプリもあると思いますが、書き込みながら読み、アイデア出しに使う本は紙で読んだ方が良いと感じています。
裁断しちゃった後に「この本は書き込みながら使う本だった」と気づいた場合には、紙の本をもう1冊買えば良いと考えています。


以上から、家族で回し読みする本、電車内で立って読む本、エアロバイクに乗りながら読む本、風呂の中で読む本以外は、読む前に裁断しています。


電子書籍もツールやファイル形式が統一されるなら、抵抗なく受け入れられます。
いちいち各出版社、本屋のアプリを入れたりするのが面倒なので、いまだ紙の本を買ってPDF化しています。
何度か電子書籍を買ったことがあるのは、最初からPDFファイルのものでした。


紙の本からiPad読書に移る際、気をつける点があります。

紙の本で読んでいた場合、本棚に、「これから読む本」が大量に積まれていました。
これが増えれば増えるほど、「読まないといかん」と感じるようになり、本を読むようになります。

この効果は重要でしょう。
そこで私は、iPadで読むと言っても、「これから読む本」は裁断後、本棚に積んでいます。

その結果、
本






美しくない。


より早く片づけてしまいたい、そう感じ、読書スピードはさらに上がりました。

これは予想していなかった効果でした。



本を読むスピード、引用、持ち運びに悩んでいる人は、ぜひ試してみてください。

FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A
FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A



電子ブック自炊完全マニュアル
電子ブック自炊完全マニュアル








関連記事
2012/04/20(Fri) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『「超」入門 失敗の本質』に学ぶ勝利の3法則
失敗の本質



弁護士石井琢磨です。

私は年間500冊以上の本を読んでいますが、もちろん全てを理解できているわけではありません。

読み終わった後、「うん、何を言っているかわからなかった、ということがわかった」と自分を納得させて終わらせる本が何冊かあります。

その中の一冊が、名著と呼ばれる『失敗の本質』

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)



誰かに勧められて読み、読み終えたことだけしか覚えていない本です。
敗戦という失敗を、日本軍の組織という点から分析した本だそうです。

その本に、「超」入門版が出されました。

「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ
「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ




超、とつくだけあって、非常にわかりやすい。
それだけではない。使える内容になっています。

日本軍と米軍の戦略、組織づくりの違いを学び、現代に活かせる内容です。


「戦略」はビジネスだけのものではありません。
裁判にも、試験勉強にも、皿洗いにも。何らかの効果を出したいときに、必要なものです。
物事を進める前に、本書の「戦略」の捉え方は頭に入れておきたいものです。

本書では、失敗の本質として23の項目を取りあげています。3つ紹介しましょう。


02 「指標」こそが勝敗を決める


「国家の国力や生産補給力で勝敗が決まる」という構想があったのに、日本軍は「どこかの戦場で大勝利すれば勝敗が決まる」
と考えてしまった。

指標とは勝負ポイントみたいなものですね。
何が結果につながる勝負ポイントなのか、これを勘違いしちゃって物事を進める失敗。

裁判をしていると、結果につながらない細かな事実まで徹底的に争おうとする方がいます。
その結果、重要ポイントの対応が弱くなる。
裁判で有利な結果を求めることが目的であれば、重要なポイントに労力を使った方が良いわけです。

勝負ポイントを見極める力こそが勝利を呼ぶのです。




03 「体験的学習」では勝った理由はわからない


歴史オンチの私は、本書で、大東亜戦争の流れを知りました。
日本軍は優勢だったのに、変化に対応できず、最終的に敗北。
当初、日本軍が優勢だったのは、体験的学習によるものだそう。

体験的学習とは何か?

経験を積み重ねる中で偶然に発見して学ぶことだそうです。

つまり、日本軍が優勢だったのは、戦略によるものではなく、経験の積み重ねの中で偶然たどり着いたもの。
これだと再現性がありません。一時的な勝利に過ぎないのです。

「成功要因を把握できないと、長期的には必ず敗北する」

たまたまうまく行ったものを自分の実力と勘違いしてしまう失敗。
色々な所で当てはまりそうですね。

たまたま良い判決をもらえた
たまたま被害金の回収ができた
たまたま司法試験に受かった

・・・

そんなんで調子に乗っていてはいかんのです。

向き合うのに勇気がいる法則ですが、これが真実でしょう。
うまく行ったことはしっかり分析し再現できるようにしましょう。
これを続けることで、真の勝利にたどり着けるはず。



20 居心地の良さが、問題解決能力を破壊する

本書では、居心地ばかりがいい組織が生き残れるか疑問とし、批判を受ける機会の重要性を説いています。
物事をうまく進めるためには客観的なフィードバックが必要です。
ときに厳しいフィードバックがあってこそ、現実に向き合えるのです。

今の体重、今の学力、今の借金額・・・
客観的な数字や第三者のフィードバックは重要です。

私自身、裁判戦略を考えるときや、運用上ギリギリの問題にチャレンジする際にも、他の弁護士の感触を探ることがあります。

ぬるま湯を避け、厳しい環境に身を置いてこそ勝利をつかめるのです。



過去の日本がした最大の失敗を活かすためにも、ぜひ読んでみてください。



「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ
「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ鈴木 博毅

ダイヤモンド社 2012-04-06
売り上げランキング : 42


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





関連記事
2012/04/16(Mon) | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
スマートフォンのクリック詐欺
クリック詐欺




弁護士石井琢磨です。

先日、クリック詐欺の話を書いたら、直後に、スマートフォンを狙ったクリック詐欺のニュースが流れてきました。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120410/390282/

ツイッター上のリンクをクリックすると、スマートフォンでのみ詐欺サイトにつながるという手口のようです。

スマートフォンでのクリックには気をつけてください。


スマートフォンは、従前の携帯電話と同じような感覚で使っているため、みなさん、セキュリティの意識が低いです。私もそう。
それだけ防御力が弱いです。そういう前提で使う必要があるでしょう。


また、スマートフォンは、パソコンに比べれば、ボタンが小さいため、そもそも間違いクリックが起きやすいです。
パソコンと同じく電子消費者契約法は使えますので押さえておきましょう。


今回の手口は、ツイッター経由とのこと。
しかも、誘導したアカウントは、それなりのフォロワー数があったそう。

ツイッターを含め、ウェブ上では、指示されている数が多ければ信頼できそうに見えます。
Yahoo!オークションでも、誰からも評価されていない人よりも、100人から評価されている人と取引する方が安心な気がします。

そのため、ツイッターでも、多くの人からフォローされている場合、信頼できそうに見えます。
しかし、フォロワー数は操作できますよね。
ちょっと頑張れば、みせかけ上のフォロワー数を増やすことは可能です。

そもそも、海外では、フェイスブックのアカウントが乗っ取られ不正利用されるケースもあるようです。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120331/388381/?ST=security&r4


何でもかんでも疑っていては大変ですが、

数字はウソをつく

という前提で、スマートフォンでのクリックには慎重さを持つようにしましょう。


ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

ランキング参加中です→人気blogランキングへ


関連記事
2012/04/11(Wed) | news | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
ライフログのメリット
歯ブラシ








弁護士石井琢磨です。

4月9日に放映されたNHK『クローズアップ現代』ライフログ特集を観ました。
http://www.nhk.or.jp/gendai-blog/100/116290.html

ライフログとは、自分の生活記録を残すこと。
スマートフォンの普及で、ライフログは取りやすくなったようです。

家計簿、睡眠記録、食事記録、生活に関わる記録は面倒ですが、役立つことも多いです。


記録は、証拠となり、あなたを守ってくれることがあります。
人は、予期せぬトラブルに巻き込まれます。

「○日に何をしていたか?」が重要になのに思い出せない。
そんなときに記録が役立ちます。イメージしやすいのはアリバイですね。

日記なんて証拠になるのか?と思われる方もいるでしょう。
あとから何でも勝手に書けますからね。
証拠としての力は弱まりますが、何もないよりは遙かに良いです。

最近、相談を受けたケースで、9年間、細かい字でビッシリと日記を書いていた方がいました。
いつ何があったのか、その言い分にブレがありません。


日々の記録は、証拠以外に、分析して将来に役立てることもできます。
家計簿をつける目的がまさにこれでしょう。

NHKの番組では、記録マニアの方が紹介されていました。
その方は、何でも記録をしておきます。
歯ブラシをいつ取り替えたか、という過去の記録データから、歯ブラシの交換周期を予測し、交換時期が迫ると、コンピュータが教えてくれるシステムを使っていました。
歯ブラシの交換に気を使わなくて良いので、ストレスが減るらしいです。うーむ。

過去の記録を分析することで、将来の間違いを減らすこともできます。
私は、数年前まで、空き時間にひたすら映画のDVDを観ていたのですが、同じDVDを借りてしまうことがありました。
「観たいと思っていた映画」と「観た映画」の区別がつかなくなってしまうのです。
これを防ぐために観た映画を記録すれば、二度借りるという間違いを防げます。

Amazonでは、過去に買った本を表示すると、過去の購入歴が表示され、注意を促してくれます。

これも過去の記録を役立てた例でしょう。


記録はこのように活用することができますが、それ以外に、記録すること自体に意味もあります
記録をするだけで痩せるというレコーディングダイエットをはじめ、記録すること自体で数字を意識するため、行動が変わることがあります。
勉強の記録をつけるだけで効果が出るようになるのです。


このように、ライフログには意義があると思います。

しかし、ツールは使い方に気をつけなければなりません。
番組の中で取り上げられていた記録ツールに
「人間関係向上計画」なるものがあります。
国立情報学研究所が公開したAndroid向けのアプリのようです。
http://www.nii.ac.jp/news/2012/0410-1

これを使うと、メールや電話の記録をとって
最近、連絡をとっていない知人を教えてくれるとのこと。

「そろそろ弁護士石井琢磨に連絡入れておいた方がいいよ」
とアプリが教えてくれるのです。
そのうちフェイスブックやツイッターとも連携して、
「そろそろ、弁護士石井琢磨のコメントに「いいね!」をしておけ、リツイートしておけ」という指示が来るようになるのでしょう。


最近、ある先輩から久しぶりにメールが来ました。
特に用事があるようでもなかったので、何なんだろう?と疑問に思っていました。
ひょっとしたら、「人間関係向上計画」にアドバイスされてメールしてきたのかもしれませんね。

メールの中で、私の名前を「石川」と連呼していたのが非常に残念ですが。

ツールは使い方次第ですので、皆さんも気をつけてライフログ活動をしてみてくださいね。


ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

ランキング参加中です→人気blogランキングへ



関連記事
2012/04/10(Tue) | ツール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
セブンクリック詐欺
クリック詐欺







弁護士石井琢磨です。

なぜか相談が減らないクリック詐欺。
「クリックしたら料金を請求されました。どうすればよいのでしょうか」
という相談が常にあります。
「悪質サイトは無視して個人情報を与えないこと」
という回答を繰り返しています。

金額説明なくクリックしただけで請求されるというのは架空請求みたいなもんです。

ワンクリック詐欺という言葉が流行した後、ツークリック詐欺という手法が出てきました。
クリックさせる回数が変わっただけです。
さらには、スリークリック詐欺という手法もあるようです。
クリックさせる回数が増えれば良いという問題なのでしょうか?


この詐欺について、どのくらいの悩みがあるのかGoogleで検索してみると
ワンクリック詐欺 2250000件
ツークリック詐欺  163000件
スリークリック詐欺   5520件
フォークリック詐欺   6930件
ファイブクリック詐欺   492件
シックスクリック詐欺     2件
セブンクリック詐欺      0件
(2012年4月9日現在、完全一致で検索)
ということで、6クリックくらいまでさせる手法はあるのかもしれないですね。

今回の記事タイトルをセブンクリック詐欺にしたのは、同じようなことを調べる人が出てくることを狙ったものです。

ツークリック詐欺が出てきた背景には、電子消費者契約法の情報が誤解されているためと言われています。
ネット上の契約では、勘違いや間違いクリックが起きやすい。確認する画面がないせいで消費者が単純な勘違いをした場合、契約の無効を主張できます。これがいわゆる電子消費者契約法と呼ばれる規定。
この「確認画面」という言葉が一人歩きし、実質的には確認画面じゃないのに、「確認画面」っぽい画面を出してクリックさせることで直ちに高額料金を請求するケースが出てきたのです。

しかし、何クリックさせようが、本質は同じです。

まず、契約とは、お互いの意思が合わさる、合意が必要。
あるサービスを受ける、いくらの料金を払う、という合意です。
この合意がない以上、契約は成立していない、と言えます。

請求をしてきたサイトが悪質業者であった場合、法律の話を持ち出して争うのが面倒、多少なら払ってもいいか、と考えて、安易に払うのは想定外のリスクがあります。
支払の際には何らかの個人情報を与えることになりますよね。
悪質業者に個人情報を与えた場合、あなたは、他の人よりも悪質商法や詐欺の被害を受けやすくなるリスクがあります。

業界では、一度騙された人は二度目も騙しやすいと言われます。
騙されて原野を買った人が、数年後に、「あの使えない原野を買ってあげます」と言われてまた騙される。
詐欺業者にお金を騙し取られた人が、「取り返してあげます」と言われてまた騙される。

明らかにリスト化されています。

もしそのリストにあなたの個人情報が載った場合、お金を払って解決したと思ったのに、今後の人生でのリスクは高くなるという結果になります。

このような悪質サイトから請求を受けても、原則は無視、何らかのやりとりで話をする際にも個人情報を与えないようにする、念のため、契約が成立していない、「十分な」確認画面が出ていないという理論主張もできるようにしておけば良いでしょう。



相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

ランキング参加中です→人気blogランキングへ

関連記事
2012/04/09(Mon) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る